「メキシコを恐怖に陥れる」鎌田大地の鮮やかなドリブル突破に敵国メディアも脱帽!「素晴らしい個人技だ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

「触れば1点」というシーンを作り出す

トップ下で先発しチャンスを作り出した鎌田。写真:龍フェルケル

画像を見る

 日本代表は現地時間11月17日、オーストリアのグラーツでメキシコと対戦。0-2で敗れ、先月のオランダ遠征からの連勝は2で止まった。

 63分にラウール・ヒメネス、68分イルビング・ロサーノと立て続けに敵のキーマンにゴールを許し、地力の差を見せつけられたものの、前半は日本のペースで、次々にチャンスを作り出した。

 敵国メキシコのメディアが注目したのは、開始10分に鎌田大地が披露したドリブルシーンだ。左サイドでボールをキープした伊東純也からパスを受けた原口元気がエリア内で仕掛ける。そのこぼれ球を収めた鎌田は、対峙した相手を鮮やかにかわし、深く抉って折り返し。惜しくも鈴木武蔵に合わなかったが、「触れば1点」というシーンを作り出した。

【動画】敵国メディアも絶賛!鎌田大地の華麗なドリブル突破はこちら
 スペイン紙『AS』のメキシコ版は、マッチサマリーの中で「カマダの素晴らしい個人技だった」と称賛。またスポーツチャンネル『TUDN』は動画付きで紹介し、「メキシコを恐怖に陥れる。カマダはゴールまであと数インチだった」と綴った。

 後半はやや消えてしまったとはいえ、前半はこのシーン以外にも好プレーを見せた鎌田はポジティブな印象を残した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ