「メキシコを恐怖に陥れる」鎌田大地の鮮やかなドリブル突破に敵国メディアも脱帽!「素晴らしい個人技だ」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

「触れば1点」というシーンを作り出す

トップ下で先発しチャンスを作り出した鎌田。写真:龍フェルケル

画像を見る

 日本代表は現地時間11月17日、オーストリアのグラーツでメキシコと対戦。0-2で敗れ、先月のオランダ遠征からの連勝は2で止まった。

 63分にラウール・ヒメネス、68分イルビング・ロサーノと立て続けに敵のキーマンにゴールを許し、地力の差を見せつけられたものの、前半は日本のペースで、次々にチャンスを作り出した。

 敵国メキシコのメディアが注目したのは、開始10分に鎌田大地が披露したドリブルシーンだ。左サイドでボールをキープした伊東純也からパスを受けた原口元気がエリア内で仕掛ける。そのこぼれ球を収めた鎌田は、対峙した相手を鮮やかにかわし、深く抉って折り返し。惜しくも鈴木武蔵に合わなかったが、「触れば1点」というシーンを作り出した。

【動画】敵国メディアも絶賛!鎌田大地の華麗なドリブル突破はこちら
 スペイン紙『AS』のメキシコ版は、マッチサマリーの中で「カマダの素晴らしい個人技だった」と称賛。またスポーツチャンネル『TUDN』は動画付きで紹介し、「メキシコを恐怖に陥れる。カマダはゴールまであと数インチだった」と綴った。

 後半はやや消えてしまったとはいえ、前半はこのシーン以外にも好プレーを見せた鎌田はポジティブな印象を残した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本0-2メキシコ|採点&寸評】前半のチャンスを仕留め切れず…後半は自慢の守備陣も苦戦
「日本は圧倒的に優勢だった」メキシコ・メディアは森保ジャパンとの年内最終戦をどう見た?「2度の決定機があったが…」
「圧倒的得点力不足だな」「前半で決めてれば…」メキシコに完敗…。年内最終マッチの結果に、ファンも悲喜こもごも
久保建英と“メキシコの至宝”はどちらが凄い? スペイン人スカウトが徹底比較!「同じ課題を抱えているが…」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ