• トップ
  • ニュース一覧
  • 強豪メキシコとの一戦で森保監督が見つけた課題と収穫は?「苦しい場面もありましたけど…」

強豪メキシコとの一戦で森保監督が見つけた課題と収穫は?「苦しい場面もありましたけど…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月18日

「流れを渡すと難しい展開になる」

森保監督は序盤の決定機を仕留められなかったことを悔やんだ。写真:龍フェルケル

画像を見る

 11月17日(日本時間18日)、日本代表はオーストリアでメキシコと国際親善試合を行ない、0-2で敗れた。

 FIFAランキング11位のメキシコ相手に、立ち上がりはボールを支配した日本。ただ、原口元気や鈴木武蔵の決定機はGKの好守に阻まれ、得点には至らず。その後は徐々にメキシコにペースを握られ、63分と68分に立て続けに失点した。

 試合後、テレビのフラッシュインタビューに答えた森保一監督は、試合をこう振り返った。

「序盤から(試合の)強度が高く、苦しい場面もありましたけど、耐えながら流れを持ってきて、いくつかあったチャンスで得点を奪えれば違う展開になったと思います。ただ、強い相手なので、流れを渡すと難しい展開になる」
 
 森保監督の言うように、序盤の決定機を確実に仕留めて先制点を奪うことができていれば、流れを引き寄せることができた。ただ、足りなかったのは「決め切る決定力」(森保監督)で、これが今後の課題になってくるだろう。

 もっとも、「ヨーロッパの選手だけで活動させてもらいましたが、すべての部分でチームのレベルアップにつながる経験ができた」(森保監督)と内容に手応えを感じたシーンもあるようだ。

 年内最後の代表戦には敗れたものの、「この経験をさらに活かしてレベルアップしていきたい」と宣言した指揮官が、日本代表をどう成長させていくかに注目したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本0-2メキシコ|採点&寸評】前半のチャンスを仕留め切れず…後半は自慢の守備陣も苦戦
久保建英が後半途中から出場!メキシコに2点ビハインドの日本代表は、逆転を目指す
「武蔵決めてくれ~」「オチョアが固いわ」森保ジャパンが格上メキシコと対戦、早朝からファンも興奮!
【セルジオ越後】点が取れないのはシステムや連係のせい? いや、日本に質の高い選手がいないだけ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ