「同じW杯ベスト16でもこれだけ差がある」メキシコ戦完敗に吉田麻也は悔しさ露わ!「自分たちを苦しめてしまった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月18日

「自分たちが今どこにいるのかが明確になった」

敗戦を悔しそうに振り返った吉田。写真:龍フェルケル

画像を見る

 現地時間11月17日、日本代表はオーストリア・グラーツでFIFAランキング11位の強豪・メキシコと対戦。2020年4戦目にして初黒星を喫した。

 霧が立ち込み視界が悪くなったこの試合で、スコアが動いたのは63分。左サイドを崩されエースのラウール・ヒメネスに先制を許してしまう。勢いに乗った相手に、さらに68分にも被弾。立て続けに失点し、苦しい展開となる。

 得点を奪いたい日本は72分以降、久保建英や浅野拓磨ら攻撃なカードを投入。打開にかかる。だが、ブロックを固める相手を崩し切ることができず。0-2で敗れた。
 
 試合後、キャプテンの吉田麻也は、「前半から1個1個が1メートル2メートルずれて、結局それでリズムが作れなかった」と悔しそうに振り返り、「自分たちが自分たちを苦しめてしまった」と吐露。

 さらに「メキシコからたくさんのことを学べるんじゃないかと思う。同じワールドカップ(W杯)ベスト16でもこれだけ差があるんだと、全員が自覚してもっとレベルアップしないといけない」と決意を示すと、最後には「今日本当にいい相手とやって、自分たちが今どこにいるのか、何をしなきゃいけないのかが明確になった」と締めた。

 前半は決定的なチャンスもありながら、決定力にも泣いた森保ジャパン。課題を山積みだが、克服することはできるか。W杯予選は来年3月から再び始まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】前半決定機も後半2失点で敗戦!メキシコ戦ハイライトはこちら!
【関連記事】
【メキシコ戦|動画&記事一覧】Pick up PLAYERS、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本0-2メキシコ|採点&寸評】前半のチャンスを仕留め切れず…後半は自慢の守備陣も苦戦
「圧倒的得点力不足だな」「前半で決めてれば…」メキシコに完敗…。年内最終マッチの結果に、ファンも悲喜こもごも
「特別な関係だった…」ドルトムント守護神が“夢のベスト11”に香川真司を選出! サムライ戦士の凄みを回想
「この世のものじゃないくらいに…」レバンドフスキが香川真司との“最強コンビ”を回想。一体何が凄かった?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ