「この世のものじゃないくらいに…」レバンドフスキが香川真司との“最強コンビ”を回想。一体何が凄かった?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年01月07日

「怪我によって壊されてしまった」

ブンデスリーガを席巻したドルトムント。その中心にレバンドフスキ(右)と香川(左)がいた。 (C) Getty Images

画像を見る

 ロベルト・レバンドフスキと香川真司。2010年の夏からおよそ2シーズンに渡ってドイツのブンデスリーガを席巻したこのコンビは、ユルゲン・クロップ(現リバプール監督)が率いたドルトムントの攻撃サッカーを牽引した。

 香川が相手ゴール前の狭いスペースをするすると突破してお膳立てしたボールを、当時から抜群の決定力を誇ったレバンドフスキがゴールに叩き込む。これがお馴染みの得点パターンで、ゴールが決めるたびに熱きドルトムント・サポーターに歓喜をもたらした。

 12年6月に香川がマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したことで、“解消”となったホットラインを、現在バイエルンに所属するレバンドフスキが振り返った。

 ドルトムントで通算103ゴールを叩き出したストライカーにとって、香川はどんな選手だったのか。母国メディア『Prawda Futbolu』のインタビューで次のように話した。

「最初にブンデスリーガにやってきた時の彼は、この世の物とは思えないくらい素晴らしかった。シンジは全てを持っていたんだ。右足、左足、ボディーバランス、ドリブル。本当に全てだ」

 良き“相棒”を絶賛したレバンドフスキだが、スペイン2部のレアル・サラゴサに在籍している香川の現状を踏まえ、こうも話している。

「彼は怪我によって壊されてしまったと思う。完全に復活して、かつてのプレーの楽しさを取り戻すことはできなかったんだ。それは残念だよ」

 14年7月にバイエルンに移籍してからも、毎シーズンのように得点王を争っているレバンドフスキ。香川とのプレーは心の中に今も刻まれているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ