【J1採点&寸評】横浜×鳥栖|「鳥栖対策」がハマり、横浜が今季初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2015年03月22日

攻守にわたる兵藤のハードワークが、最後は決勝点に直結。

【警告】横浜=ファビオ(15分)/鳥栖=谷口(37分)、チェ・ソングン(52分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】兵藤慎剛(横浜)

画像を見る

 
【試合内容】
 序盤は鳥栖が前線の豊田を活かすべくロングボール攻勢を仕掛けるが、横浜は中澤と栗原を中心に対抗してシュートを許さない。ともにチャンスを作れない展開のなか、試合が動いたのは81分だった。下平のシュートのこぼれ球を兵藤が押し込み、横浜が先制した。
 
 1点を追いかける鳥栖は終了間際に豊田が決定的なヘディングシュートを放つも、これを横浜のGK榎本がセーブ。横浜がリーグ戦3試合目で初勝利を挙げ、対する鳥栖のリーグ戦連勝は2でストップした。

【J1採点&寸評】1stステージ・3節|全9カードを現地取材記者が評価

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・3節
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6
ロングボール対策が奏功して無失点のまま試合を終えた。ただし攻撃ではあまりチャンスを作れず、今後に課題を残す内容だった。
 
鳥栖 5
自分たちの土俵で試合を進めるも、決め手を欠いた。相手の強さと高さに一歩及ばず、決定機も試合終了直前に豊田が放ったヘディングのみ。
 
【横浜|採点・寸評】
GK 
1 榎本哲也 6.5
最後の最後に豊田のヘディングシュートをセーブし、チームに勝点3をもたらす。
 
DF
4 栗原勇蔵 6.5
制空権を手にする。単純なハイボールに対して強さを発揮し、豊田を封じた。
 
13 小林祐三 6.5
小さなミスはあったが、勝負どころでは粘り強さとブロック技術で貢献した。
 
22 中澤佑二 6.5
空陸ともに盤石の出来。球際で強さを見せ、競り合いではことごとくマイボールに。
 
23 下平 匠 6
ゴールにつながるシュートもさることながら、相手の目先を変えるドリブルも効果的。
 
MF
5 ファビオ 6
中盤の底で絶大な存在感を放つ。攻撃時のパスミスは大きな問題ではない。
 
6 三門雄大 6
運動量豊富に動いて中盤を支えた。ビルドアップの精度が上がれば、なお良し。
 
7 兵藤慎剛 6.5
攻守両面でハードワークした結果、最後にこぼれ球が彼のもとへやって来た。
 
25 藤本淳吾 5.5
セットプレーのキッカーとして重要な役割を担うも、味方に合わせ切れなかった。
 
39 アデミウソン 5.5
テクニカルなキープを見せたが、後半途中からは明らかなガス欠に陥る。
 
FW
11 齋藤 学 5.5
単独で脅威になるも周囲との連係が今ひとつ。ドリブルを活かす局面を作りたい。
 
交代出場
28 喜田拓也 -
三門と交代してボランチへ。主な仕事は試合を終わらせることだった。
 
16 伊藤 翔 -
短い出場時間ながらゴールチャンスはあった。今後を考えると痛恨のシュートミス。
 
監督
エリク・モンバエルツ 6
鳥栖対策がハマり、リーグ戦3試合目でようやく日本での初勝利を手にした。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ