「ボールを奪われすぎだ」なぜデヨングはバルサで伸び悩んでいるのか? 母国のレジェンドたちも辛口評価【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年11月09日

「天使のようにプレーしていた」

入団2年目でまだ本領を発揮しきれていないデヨング。(C) Getty Images

画像を見る

 フレンキー・デヨングがなかなかバルセロナでアヤックス時代の輝きを放てずにいる。守備に奔走し、肝心の攻撃の組み立てにおける貢献度は希薄だ。今シーズンは開幕から自身が望むダブルボランチの一角としてプレーしているにも関わらず、である。

 アヤックスのトップチームに昇格したばかりのデヨングを発掘したのは、当時バルサのオランダ担当スカウトを務めていたペペ・セレールだった。彼はこう述懐する。

「わたしが視察に訪れた試合では、(マタイス)デリフト(現ユベントス)とともにセンターバックコンビを形成することが多かった。ボールを持てば、ドリブルを仕掛けて相手守備陣を切り崩していた。プレーする様は天使のようだったよ。だから(当時のスポーツディレクターの)ロベルト・フェルナンデスにしつこく獲得を勧めたんだ」

 さらにこう続ける。「その後、(ラッセ)シェーネ(現ジェノア)とともに中盤の一角としてプレーするようになった。将来性はずば抜けていたよ。中心選手としての責任感を持ちながら、大胆に楽しそうにプレーしていた。ただバルサではそうはいかず、あくまでチームの中のひとりという印象が強い。(リオネル)メッシという史上最高の選手もいるしね」
 
 ただ、昨シーズン以上に周囲が求めるレベルが高まっているのは間違いなく、ラ・リーガ第5節のセビージャ戦(1-1)後には、同胞のロナルド・クーマン監督から「ボールを奪われすぎだ。いつもよりその数は多かった」と苦言を呈された。

 当の本人も「トップレベルとは程遠い不甲斐ないパフォーマンスだった」と反省の弁を述べたが、クラブ関係者はこの謙虚さを評価する。

「フレンキーは自分を顧みることができる人間だ。そうした彼の姿勢が成長への大きな力になるはずだ。現状は持っている能力の6から7割程度しか発揮できていない。時間の問題だよ」

 母国のオランダでは代表の先輩のラファエル・ファン・デルファールトが「シュートをなかなか打とうとしない。あまり好きでないように見える」と語れば、バルサのOBでもあるロナルド・デブールも「まだまだ学び向上し続けなければならない。ロングパスの精度とかね」と指摘。期待の裏返しとして、辛口の意見が並ぶ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ