「戦術理解力は驚異的だ」関係者が声を揃えて絶賛するバルサの超新星。当初、クラブは獲得に難色を…【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年11月06日

クーマンの鶴の一声で残留が決定

年齢を感じさせないスピードでチームにフィットしたペドリ。(C) Getty Images

画像を見る

 今から約2年前、バルセロナのクラブ内で一つの議論が起きていた。当時16歳で、1年前に宿敵のレアル・マドリーが見送ったペドリの獲得の是非についてだ。

 所属クラブのラス・パルマスとの間でまとまった移籍金は500万ユーロ(約6億2500万円)。インセンティブを含めると2500万ユーロ(約31億2500万円)に膨れ上がるという内容だった。幹部の間からは「クレイジーだ」と厳しく疑問を呈する声も上がっていた。

 しかし、当時エリック・アビダルSD(スポーツディレクター)の補佐で、現在は後任としてその強化部門のトップに就くラモン・プラネスと当時育成部門プロチームの責任者で、現在はレンタルでプレーする選手の動向をチェックする役職を務めるホセ・マリア・バケーロの考えは「獲得すべき」という点で一致していた。

 そのために何度も現地まで出向いてプレーをチェック。2部でベールを脱ぎ、市場価値が高騰する前の今がそのタイミングだと強く訴えた。クラブはそれでもなかなか首をタテに振らなかったが、移籍期限がクローズする最終週についに許可が下り獲得が決まった。

 契約内容は即加入ではなく、引き続きラス・パルマスで2シーズン、所属することを基本線に、活躍次第で1年後にバルサのトップチームに登録するか海外のクラブにレンタルで貸し出すかを決めるというものだった。しかしこの1年でペドリは大きく成長。今夏、晴れてバルサの一員となり、今やその実力を疑う者はいない。

【動画】ペドリってどんな選手? 今シーズンのプレー集はこちら
 実際、ペドリは昨シーズン、ラス・パルマスで目覚ましい活躍を見せた。16歳9か月25日というラス・パルマスのクラブ史上最年少ゴール記録も更新。当時の監督ペペ・メルもそのセンスに驚嘆した人物の1人だ。今シーズンもラス・パルマスを率いるベテラン指揮官はこう述懐する。

「下部組織の試合で傑出したパフォーマンスを見せていたが、プロレベルでどこまで通用するかは未知数だった。でもプレシーズンでのプレーぶりを見て、そんな疑問はすぐに吹っ飛んだよ」

 もちろん、その活躍は多くのクラブの目に留まり、この夏、バルサのもとにはボルシアMG、PSVアイントホーフェン、バイエルン・ミュンヘンなどその契約形態を知ったうえで獲得を打診する海外のクラブが後を絶たなかった。

 しかし、そのプレーを目にして惚れ込んだロナルド・クーマン新監督の「ペドリは残る」という鶴の一声が決定打となり残留が決まった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ