「馬鹿だからPKになった」闘将ロイ・キーンがPK献上のウォーカーを“口撃”! 「ほとんど交通事故だ」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月09日

痛恨のPKを献上したウォーカーを辛辣批判

マネとの接触でPKを献上したウォーカーのプレーをキーンが酷評した。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ屈指と恐れられた“闘将”が、ビッグゲームを動かしたワンシーンを酷評した。

 現地時間11月8日に開催されたプレミアリーグ第8節で、マンチェスター・シティはリバプールと対戦。先制されながらも31分にG・ジェズスのゴールで追いつき、1-1と引き分けた。

 試合終盤は主導権を握っていたシティにとって痛恨だったのは、12分に先手を取られた場面だ。エリア内に侵入してきたサディオ・マネをカイル・ウォーカーが引っ掛けて倒してPKを献上。これを難なくモハメド・サラーに決められてしまったのである。

 この日は右SBとして、右サイドでイニシアチブを握るシーンが多かったウォーカー。それだけに相手の10番に対するタックルは、軽率なプレーだったとも言える。

 そんなイングランド代表DFを激しく非難したのが、元マンチェスター・ユナイテッドのロイ・キーンだ。試合を中継していた英衛星放送『Sky Sports』のコメンテーターを務めていた“闘将”は、一連の対応に対する意見を求められ、こう答えている。

「あれは彼が馬鹿だからPKになったんだ。マネのシミュレーションでもなんでもない」

 現役時代と変わらない辛辣な言動で、イングランド代表DFを非難したキーンは、さらにこう続けている。

「カイル・ウォーカー……。多くの人たちは私に彼が上手くやっていると言ってくるが、私はそうは思わないね。彼は30歳とベテランで、代表選手でもあるのに、マネに対するプレーを見てみろ。ほとんど交通事故じゃないか。彼はこういう間違いを犯し続けている。だから、ペナルティーを与えたのも当然だよ」

 隣でコメンテーターを務めていた元シティのCBマイカー・リチャーズが、「彼は一か八かの賭けに出ただけで、今のシティじゃ最高の選手だよ」と思わず擁護してしまうほど辛辣だったキーン。はたして、この辛口意見はウォーカーの耳に届いているだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ