【J1採点&寸評】清水3-1神戸|イニエスタを上回る輝き!MOMは全3得点をアシストした俊英MF

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2020年11月04日

清水――プレッシングとブロック構築のメリハリが明確だった守備面

【警告】清水=なし 神戸=ダンクレー(84分)
【退場】清水=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】西澤健太(清水)

画像を見る

[J1リーグ26節]清水 3-1 神戸/11月3日(火)/アイスタ

【PHOTO】清水3-1神戸|西澤が全得点に絡む活躍!監督交代直後の清水が逆転勝利!

【チーム採点・寸評】
清水 6.5

守備では前からアグレッシブにプレスをかける場面とブロックを作って守る場面のメリハリが明確で、攻撃では最大の武器であるセットプレーで良い流れを掴み、平岡新監督の初陣を勝利で飾った。

【清水|採点・寸評】
GK
31 梅田透吾 6

前半でミスタッチからヒヤリとする場面があったが、その後も高い位置を取って冷静にビルドアップに参加。好セーブもあって失点を最小限に。

DF
18 エウシーニョ 6.5(90+1分OUT)

攻守両面で彼らしいクオリティを発揮したうえで、決勝点となる今季初ゴールで勝利に大きく貢献した。

5 ヴァウド 6.5
守備でドウグラスらに大きな仕事をさせず、逆転の口火を切る同点ゴールをゲット。MOMに匹敵する働きだった。
 
3 ファン・ソッコ 6
クロス対応でヒヤリとする場面もあったが、ディフェンスラインを統率しながら危ないところをカバーし、失点を最小限に抑えた。

15 金井貢史 6.5
神出鬼没な動きや的確なパスで攻撃を牽引し、守備でも冷静に対応したうえで、セットプレーから3点目を流し込んだ。

MF
22 ヘナト・アウグスト 6

積極的に攻撃に絡む意識を見せた中で決定的な仕事はできなかったが、守備での貢献度の高さは相変わらず。

6 竹内 涼 6.5(76分OUT)
ケガ明けでフル出場はならなかったが、闘志、冷静さ、プレーのクオリティでチームを牽引し、キャプテンらしい働きを見せた。
 
【関連記事】
逆転勝利に導く全3ゴール演出で10アシストに到達!清水8戦ぶり勝利の立役者・西澤健太「苦しい時間だった」
監督交代に揺れた清水が8試合ぶり白星! 初陣勝利の平岡新監督は「全員足がつるまで頑張ってくれた」
清水がクラモフスキー監督の契約解除を発表。「今後の幸運を祈念しています」
「お金が目当てじゃない」元神戸監督フィンクが“日本サッカー”を語る「私にとってかけがえのない時間で…」
「カッコ良すぎるやめ方やなぁ」吉田麻也が“長老”中村憲剛の引退にメッセージ。「また家族で…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ