「事件はG・ネビルのせいだ!」マンUの闘将キーンが伝説のトンネル騒動の“真犯人”を告白「いじめられてるのに…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月02日

ヴィエラvsキーンの伝説的な事件

激しくヒートアップしたヴィエラ(右)とキーン(左)が起こした大騒動は、今も伝説として語り継がれている。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグを騒然とさせた「トンネル事件」の“真犯人(!?)”が当事者によって明らかにされた。

 話題が再燃しているのは、2005年2月1日、アーセナルの本拠地ハイバリーで行なわれたマンチェスター・ユナイテッド戦での騒動だ。

 当時、国内の覇権を激しく争っていた両雄は、ライバル関係が激化。緊張状態がピークに達していたなかで、それは起きた。試合開始直前の入場ゲートで、パトリック・ヴィエラ(アーセナル)とロイ・キーン(ユナイテッド)の両主将が互いを掴み合って、罵り合う“大ゲンカ”を展開したのである。

 グラハム・ポール主審やチームメイトたちが割って入ったことで、事態は収拾したものの、プレミアリーグ史、いやイングランド・サッカー史に残る伝説のシーンとして今も語り継がれている。

 2018年に英スポーツ専門放送局『BT Sport』が製作した特別番組内で、キーンとヴィエラが対談した際に「相手を制して、勝利への確立を上げたかった(ヴィエラ)」と語り合って和解してはいたが、この度、“真犯人”が明らかにされた。
 
 その名を口にしたのは、他でもないキーンである。現地時間11月1日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッドとアーセナルの一戦で解説を務めた闘将は、英衛星放送『Sky Sports』で、こう証言したのだ。

「あのシーンが報じられるたびに私だけが悪いように見える。だけど、本当はガリーのせいなんだ」

 彼の言う「ガリー」とは、後にユナイテッドで主将を務める元イングランド代表DFガリー・ネビルである。キーンは、その理由も語っている。

「あの事件は、ここ(Sky Sports)でもお馴染みのガリーのせいなんだよ。本当だ。彼はずっとトンネルでいじめられ続けていたんだ。それなのに黙って、何も言い返さないんだ。本来なら私はとても穏やかな人間だけど、さすがにあの時は黙っていられなかった。いじめていた相手もそうだけど、ガリーに対してもね。ただ、あのエピソードで何よりも重要なことは我々が試合に勝ったことだ」

 昨今は以前のような激しさやヒートアップするシーンが少なくなったサッカー界。だからこそ、お互いがライバル関係を剥き出しにしたあのトンネル事件は、稀有であると言えるのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ