【岩本輝雄】群を抜く存在感を見せつけた渡辺皓太。マルコスより重用されるかも!?

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2020年10月22日

俗に言う、“サッカーを知っている”選手だ

グランパス戦では値千金の決勝弾をゲット。ゲームメイクもできて、得点センスもある渡辺は、超攻撃サッカーを貫くマリノスにハマっているよね。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1第33節]横浜2-1名古屋/10月22日/日産ス

 群を抜く存在感だったね。

 グランパスに2-1で勝利したマリノスで、インサイドハーフの一角で先発した渡辺皓太は、終了間際に途中交代するまで本当にタフにプレーしていて、勝負を決定づけるゴールまで決めた。

 とにかく活動量が多くて、要所で顔を出して、マリノスの攻撃に勢いをもたらしていた。特筆すべきは、そのポジショニング。相手のサイドハーフとボランチの間、あるいはボランチとボランチの間とか、中間ポジションに入り込んで、パスを引き出す。

 狭いスペースでも、巧みにフリーになれる。相手が嫌がるようなポジションを取るから、捕まえづらかったと思う。あのポジショニングひとつ見ても、センスの高さがうかがえるよ。俗に言う、“サッカーを知っている”選手なんだろうね。

 そうしてパスを引き出して、マイボールにしてからも素晴らしい。ほとんどロストしない技術の高さがある。上手く身体を使ってボールを相手から遠ざけたり、瞬時に逆を取って前を向いたり。ターンするタイミングも良い。だからといってボールを持ちすぎず、テンポ良く捌いて、次の展開に備えて動き出す。

 豊富なスタミナはもちろん、一つひとつのプレースピードが速い。マリノスのアップテンポなサッカーを支えているひとりだと思う。

 1-1で迎えた80分には、小池龍太からのパスに反応して、エリア内に侵入して左足シュートで決勝点をゲット。この得点シーンでも見られたように、フィニッシュに積極的に絡む姿勢も評価したい。前半にも思い切ったミドルシュートで相手GKを慌てさせたけど、ゲームメイクもしながら、決定的な仕事にも絡んでいくことができる選手だ。
 
 同じようなタイプが、マリノスにいるよね。昨季のリーグ制覇の立役者でもあるマルコス・ジュニオールだ。彼の運動量も相当なもので、常に動き回りながら、多くのビッグチャンスを演出する。精力的なディフェンスでの貢献度も高い。

 ライバルと言えばライバルなんだろうだけど、マルコスと同じぐらいのパフォーマンスを渡辺が示せるようになれば、マリノスはさらに手強いチームになるはず。ローテーションで回してもいいし、ふたり同時起用の可能性だってある。

 残念ながらリーグ連覇の可能性は消えたけど、ACLが残っている。渡辺の成長ぶりを見れば、チームとしての伸びしろがまだあることが分かるし、アジア制覇への期待も膨らむ。マルコスとは違って、ボランチでも計算できる点を考えれば、渡辺の存在価値は高い。

 グランパス戦の内容はたしかに良かったけど、コンスタントにこれを続けられるか。継続して高いパフォーマンスを見せられるか。ポテンシャルは間違いなくあるだけに、今後のさらなる成長に注目したい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ