名古屋が粘りを見せるも…横浜が自慢のアタックを繰り出し、力強く勝点3!

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年10月21日

小池のお膳立てから渡辺が決勝点!

先制点を挙げたE・ジュニオ(中央)。前線の基準点としても良い働きを見せた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 6位・横浜がホームに5位・名古屋を迎えた一戦は、2-1で横浜が勝利を収めた。

 序盤にペースを掴んだのは横浜。9分、21分、33分と天野が決定機を作れば、12分にも渡辺が強烈なミドルで相手GKを慌てさせる。ただ、いずれもゴールを割ることはできず。名古屋の集中力ある守備をこじ開けられない。

 対する名古屋はマテウスや金崎など個の高い能力で局面を前に進める場面はあるものの、そうした“点”がなかなか“線”とならず、効果的な攻撃を繰り出せない。

 やや攻めあぐねていた横浜だったが、41分、ついに均衡を破る。前線で起点となったE・ジュニオから天野→松田とつなぎ、左サイドから仕掛けた松田のクロスをE・ジュニオが押し込み、ホームチームが先制に成功する。

 後半に入ってもリードする横浜が主導権を握り、自慢の攻撃力で相手を押し込んでいく。69分には一瞬の隙を突かれて、元チームメイトのマテウスに同点弾を許したが、80分に突き放す。左サイドからカットインした小池のお膳立てから、渡辺が左足のシュートでネットを揺らし、2-1とする。

 試合はそのままタイムアップ。粘りを見せる名古屋を振り切った横浜が、力強く勝点3を手中に収めた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本サッカーを強くする一大拠点! 『JFA夢フィールド』の内部を一挙に紹介!

 
【関連記事】
「選手に自重を求めるべきだった」村井チェアマンが新潟と仙台2つの“コンプライアンス事案”に言及「大変残念」
仙台が地元出身のMF道渕諒平の契約解除を発表。クラブが認知していない「女性とのトラブルに関する記事」が発端
【新潟】失われた信頼を取り戻すために…是永社長が明かす“2選手解雇”の舞台裏「判断ミスだった」
【J1採点&寸評】C大阪4-1横浜|2Gのストライカー2人&十八番の“切り返し”で右サイド制圧のレフティに高評価!
【J1採点&寸評】川崎 3-0 名古屋|圧巻のジェジエウ、華麗な三笘、いぶし銀の中村らを評価!名古屋も奮闘するも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ