名古屋が粘りを見せるも…横浜が自慢のアタックを繰り出し、力強く勝点3!

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年10月21日

小池のお膳立てから渡辺が決勝点!

先制点を挙げたE・ジュニオ(中央)。前線の基準点としても良い働きを見せた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 6位・横浜がホームに5位・名古屋を迎えた一戦は、2-1で横浜が勝利を収めた。

 序盤にペースを掴んだのは横浜。9分、21分、33分と天野が決定機を作れば、12分にも渡辺が強烈なミドルで相手GKを慌てさせる。ただ、いずれもゴールを割ることはできず。名古屋の集中力ある守備をこじ開けられない。

 対する名古屋はマテウスや金崎など個の高い能力で局面を前に進める場面はあるものの、そうした“点”がなかなか“線”とならず、効果的な攻撃を繰り出せない。

 やや攻めあぐねていた横浜だったが、41分、ついに均衡を破る。前線で起点となったE・ジュニオから天野→松田とつなぎ、左サイドから仕掛けた松田のクロスをE・ジュニオが押し込み、ホームチームが先制に成功する。

 後半に入ってもリードする横浜が主導権を握り、自慢の攻撃力で相手を押し込んでいく。69分には一瞬の隙を突かれて、元チームメイトのマテウスに同点弾を許したが、80分に突き放す。左サイドからカットインした小池のお膳立てから、渡辺が左足のシュートでネットを揺らし、2-1とする。

 試合はそのままタイムアップ。粘りを見せる名古屋を振り切った横浜が、力強く勝点3を手中に収めた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本サッカーを強くする一大拠点! 『JFA夢フィールド』の内部を一挙に紹介!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ