「タキは悪魔のように…」クロップが南野拓実の献身性に舌を巻く! 地元紙も「アヤックスの安堵感を奪った」と絶賛

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月22日

「タキはマシーンだ」と讃える

前線で攻守に奔走した南野。その仕事ぶりを指揮官が称えた。 (C) Getty Images

画像を見る

 厳しい台所事情でのやり繰りを強いられているリバプールだが、持ち前のチーム力でもってそれを乗り切ろうとしているようだ。

 現地時間10月21日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループD・第1節で、イングランド王者のリバプールは、アヤックスと敵地で対戦。相手の反撃に苦しみながらも35分にサディオ・マネの仕掛けから生まれたオウンゴールを守り抜いて、1-0で勝利した。

 4日前に行なわれたエバートン戦でフィルジル・ファン・ダイクとチアゴ・アルカンタラが負傷離脱し、その他の主力メンバーも蓄積疲労のせいか精彩を欠いたこの一戦。リバプールは1点をリードした後半にアヤックスに主導権を明け渡す。

 しかし、59分にユルゲン・クロップ監督が、なんとモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、マネを下げ、ジェルダン・シャキリ、南野拓実、ディオゴ・ジョッタを投入。すると、前掛かりになったレッズは再び息を吹き返したのだ。

 自慢のフロント3を丸ごと変更するドイツ人指揮官の大胆な交代策に、地元紙『Liverpool Echo』も「新たに入ったトリオが前線での強さを証明した。そしてアヤックスが抱きつつあった『やれる』という安堵感を奪い取った」と絶賛した。
 
 マネに代わって入った南野は、3トップの中央でいわゆる“偽9番”の役目を全う。的確なボール捌きでリンクマンの仕事を担ったかと思えば、素早いターンから自らも相手ゴールを急襲。69分には、惜しくも相手守護神アンドレ・オナナの好守に阻まれたものの、敵ペナルティーエリア左手前から鋭いミドルシュートを放って見せ場を作った。

 この日本代表FWの献身性を指揮官も讃えている。試合後、英衛星放送『Sky Sports』のフラッシュインタビューに応じたクロップは、「タキはマシーンだ」と語った。

「今の彼はあらゆる場所に顔を出してくれる。今日なんか悪魔のようにプレスをかけてくれたし、攻撃の場面でも何度もかかわってくれた。ディオゴ・ジョッタといくつかワンツーで良いコンビネーションを見せてもくれたからね。頼もしいよ」

 熱血漢の舌を巻かせるほどの献身性を見せた南野は、現地時間10月24日に開催されたプレミアリーグ第6節のシェフィールド・ユナイテッド戦でもチャンスを与えられるだろうか。クロップの起用法に注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ