【岩政大樹】特筆すべきは3CBの安心感!3-4-3には手応えも、課題として残ったのは…

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2020年10月10日

試合自体も“久々感”満載となりました

吉田とCBの左右のポジションを入れ替えた冨安。写真:龍フェルケル

画像を見る

  久々の代表戦。本当に久々でした。そして、試合自体も“久々感”満載となりました。

  日本代表のスタメンはこれまでの流れをかなり色濃く残したものでした。変化と言えば、ボ ランチに中山雄太選手が入った事と、長友佑都選手不在によってチャンスを得た安西幸輝選手が出場したこと、CBの2人が左右を入れ替えていたことくらい。

 中山選手はおそらく週末の試合がなかったことによるコンディションの影響でしょう。CBの入れ替えに関しては、所属チームでの立ち位置を反映して変えたようです。いずれにしても、変化と言えるものはほとんどなかったと思います。

  より変化を感じたのは守備の強度に関しての意識づけです。

 4-3-3のシステムから、ビルドアップに入ると3-4-3のように可変して攻撃を仕掛けてきたカメルーンに対し、日本の選手たちは「まずボールに近い選手がプレッシャーにいく」意識の中で、プレスを仕掛けていきました。横のコンパクトさも以前よりも意識されていたように見えたので、おそらくここまでの短い準備期間で守備の部分の確認、意識づけをしてきたのであろうことを感じさせました。
 
  しかし、丁寧にビルドアップを仕掛けてきたカメルーンに対し、少しずつプレスが空転する 場面も出てきていました。

 カメルーンの攻撃がゴールに向かうものが少なかったために危険な場面はあまり作られませんでしたが、意図的にボールを奪うことはできていませんでした。これはおそらく、選手たちの中で、全体の守備のイメージこそ共有されていましたが、その中で“いつ”、“どのような場面”で連動したプレスをかけるのかが整理されていなかったことが原因だと思います。

 相手に寄せ切れた場面でも周囲の選手たちが距離をつめて連動して囲い込むような状況は作り出しておらず、徐々にプレスに行く勢いも失われてしまいました。

  逆に全体のイメージが共有できていなかったのが攻撃です。

 前半は特に、簡単にボールを明け渡してしまうようなロングボールも多く、どんな判断基準で選手たちがイメージを合わせようとしているのか分からない場面が多すぎました。

  このように、攻守に少なくない課題が見られた前半を受けて、日本代表はハーフタイムにシ ステムを3-4-3に変えました。「この試合に勝つ」ということを目的とするなら、この変更は 効果的だったと思います。

 前述したように攻撃時は3-4-3のようになるカメルーンに対してシステムが噛み合う形になり、逆に日本が攻める時には外側や相手ボランチ脇で浮くような選手を自然に作れます。実際、試合は後半はかなり好転したと思います。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ