【G大阪】「試合前今日2ゴール獲るからと…」渡邉千真が有言実行!J1通算100発目には「ここまでかかったな」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月07日

プロ12年目で史上15人目のJ1通算100ゴール

100ゴールは渡邉にとってまだまだ通過点に過ぎない。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ10節]鳥栖1-2G大阪/10月7日(水)/駅スタ

 ガンバ大阪は破竹の5連勝を達成。試合を決めたのは、試合前時点でサガン鳥栖戦通算14試合・11ゴールと抜群の相性を誇るベテランFWだった。

 本来8月15日に行なう予定だったが、新型コロナウイルスの影響でおよそ2か月ずれこんだこのカード。G大阪は前半相手に攻め込まれる展開が続いた。それでも21分、藤春廣輝の左サイドからの絶妙なクロスに渡邉千真がペナルティエリア内で落ち着いてコントロールすると、左足でフィニッシュ。3試合連続で先制に成功する。

 勢いに乗った渡邉はさらに34分。カウンターから持ち上がったアデミウソンの右サイドからのクロスに、ワントラップで相手DFを上手く引き離しシュートを放つと、ボールはクロスバーの下部に当たりゴールネットを揺らした。そしてこの鳥栖戦13点目は史上15人目となるJ1通算100ゴールにもなった。

 試合後「2点ともいいパスが来てファーストタッチが上手く決まったので、上手く流しこめた」と語った勝利の立役者。2点とも絶妙なトラップが生んだ、見事なゴールだった。
 
 そして、横浜F・マリノスでプロ生活をはじめ、FC東京、ヴィッセル神戸、G大阪と渡り歩き12年目でついに迎えたJ1通算100ゴールについては、「素直に嬉しい」と明かしたうえで「ここまでかかったなという感じ。もう少し早くゴール獲れてたかなと思う」と淡々と振り返った。

 ただそれでも「試合前に娘や家族には今日2ゴール獲るからと言っていた。有言実行できたかな」と笑顔も見せた34歳の点取り屋。彼にとって100ゴールはまだまだ通過点に過ぎないだろう。「自分1人ではゴールは獲れない。みんなのアシストがないとやっぱりいけないので。みんなに感謝」の言葉通り、周りへの感謝を忘れずこれからもゴールを量産し続ける。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】”鳥栖キラー” 渡邉千真!対鳥栖戦13点目はJ1通算100点目!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ