「マジョルカの二の舞いになる」久保建英を冷遇するエメリ監督にスペイン人記者が苦言!「最高の選手と気付いた時には…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月07日

「1時間足らずしかプレーしていないのは理解できない」

開幕からベンチスタートが続いている久保。(C) Rafa HUERTA

画像を見る

 久保建英の“冷遇問題”が波紋を広げている。

 激しい争奪戦の末に、ビジャレアルへのレンタルが決定した久保だが、ここまでウナイ・エメリ監督から与えられたプレータイムは、5試合で54分。いずれも試合終盤の投入となっている。

 この起用法には、とりわけ保有元であるレアル・マドリー寄りのメディアは、エメリ監督に対して、「冗談としか思えない」「理解できない」といった批判的な論調を展開している。

 そんななか、マドリードに拠点を置く『Radio Marca』で、ジャーナリストのラウール・バレラ氏もこの問題に言及した。系列の『Marca』紙が伝えたところによれば、バレラ記者は「3(実際は13)、5、16、15、5。これは、電話番号やアカウント、私の甥の年齢ではない。日本のクボのビジャレアルでのプレータイムだ」と語り、久保が出場時間を与えられていない現状を嘆いている。
 
【動画】「美しすぎる!」久保建英が決めた超絶ヒール弾はこちら
「モイ・ゴメスやイボーラ、パコ・アルカセル、チュクウェゼといった選手たちが素晴らしいパフォーマンスをしているのは分かる。だが、リーグが開幕して1か月で、クボが1時間足らずしかプレーしていないのは理解できない」

 そして、マジョルカでの昨シーズンもシーズン序盤は出番が少なかったが、最終的にチームの中心となったことを引き合いに、こう警告している。

「(マジョルカの指揮官だった)ビセンテ・モレーノが『クボがチームで最高の選手』と知った時には、マジョルカはすでに2部に降格していた」

 久保の能力に早く気付かないとビジャレアルは手遅れになる――。その声は、エメリ監督に届くだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ