「自分の立場には全く満足していない」南野拓実が明かすリバプールで生き抜くための覚悟。「認めさせたい…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月07日

「こういう舞台でプレーすることを目標にしてきた」

約1年ぶりの代表招集となった南野が、リバプールで生き抜くための覚悟を語った。※オンライン会見のスクリーンショット

画像を見る

 日本代表は10月7日に欧州遠征3日目を迎えた。リバプール加入後、初の代表活動となったMF南野拓実がオンライン取材に応じ、イングランドの強豪チームで生き抜くための力強い覚悟を明かした。

 南野は昨年、ザルツブルク(オーストリア)からリバプール(イングランド)に完全移籍。特大のステップアップを果たしたサムライの朗報は、日本でも瞬く間に話題となった。それにより、いままで以上に大きなプレッシャーと格闘する日々を送ってはいるが、これまで常に高いレベルでのプレーを求めてきた南野にとっては、充実した日々のようだ。

「もちろんザルツブルクでプレーしているときより、いまは一試合一試合の注目度や、試合のレベルの高さの違いは感じますし、そこでプレーできる喜びを日々感じています。そして、自分自身もこういう舞台でプレーすることを目標にしてきました。なので、いまは充実した日々を過ごせています。だけどそれで満足するのではなく、注目されるなかでしっかり結果を残して認めさせたい。チームでの自分の居場所というのをしっかり確保していきたいと思っています」
 
 リバプールでの2シーズン目となった今季もいまだリーグ戦の先発はゼロ。世界屈指の強力なアタッカー陣から、スタメンを奪い取ることはもちろん簡単なことではないが、南野は現在の自身を取り巻く状況に甘んじるつもりはない。

「正直、いまの自分の立場には全く満足していない。ただ昨シーズンと比べて、積み重ねてきたものが、少しずつ周りの信頼を得られているのかなと感じます。今シーズンの一番最初の公式戦でゴールできたのは、自分のなかで少し自信になったし、今後もそうやってチャンスを掴んで、ゴールかアシストのところで結果を残して、いまよりももっと出場時間であったり、大事な試合で使ってもらえる選手になっていければいいかなと思います」

 世界トップクラスの選手たちと競い合う日々。「試合で結果を出していないので、いまの時点では(自分が)レベルアップしてるかは分からない」としながらも、約1年ぶりとなる代表活動のテストマッチ2試合で、「結果を出して、目に見える形で成長した部分を見せたい」と意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本サッカーの至宝、南野拓実のキャリアを厳選ショットで振り返る!――2009~2019

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ