神戸が猛攻耐え抜き4連勝! ドウグラス、イニエスタ、古橋が少ない好機を決め切り横浜を下す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月04日

古橋がJ1キャリア最多の11得点を記録!

少ないチャンスをモノにした神戸が、敵地でで4連勝を飾った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは10月4日に、各地で第20節の3試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸の一戦が行なわれ、3-2で神戸が勝利を収めた。
 
 両者は今季3度目の対戦。2月のゼロックス杯では3-3の引き分け、J1・20節でも3-3の痛み分けとなっている。ともに攻撃的サッカーを志向する同士で、対戦成績を見ても多くの得点シーンが生まれているだけに、白熱した展開が期待された。
 
 入場者数緩和により多くの観客が詰めかけ、後押しを受ける横浜は立ち上がりこそ相手の攻勢に苦戦するも、開始3分に幸先よく先制する。
 
 カウンターから、右サイドの小池龍太が敵陣深くに持ち上がり、思い切りよくクロスを供給。これにゴール前でフリーで待ち構えていたエジガル・ジュニオが右足で合わせて、お手本のようなボレーが決まる。
 
 しかし、負けられない神戸も、その5分後に同点に追いつく。西大伍が最終ラインから相手の隙を突く一本のスルーパスを出す。これに裏で反応したドウグラスがGKとの1対1を冷静に交わしてゴールに押し込む。
 
 さらに11分にも、イニエスタの右サイドへの展開から、西がゴール前に折り返すと、ボールキープした郷家友太がペナルティエリア内で相手に倒されPKを獲得。これをキッカーのイニエスタが右足で冷静に沈め、はやくも逆転に成功する。
 
 その後は、うまくサイドの幅を使う横浜に、押し込まれる展開が続くも、粘り強く守った神戸の1点リードで前半を折り返す。
 
 後半もホームチームが主導権を握ったが、56分にイニエスタがボール奪取からカウンターを発動させ、最後は左サイドから仕掛けた古橋がペナルティエリア手前中央から右足を振り抜き追加点。古橋は今シーズン11ゴール目で、J1キャリア最多得点を更新した。

 追いつきたい横浜は、64分に前線のブラジル人トリオに代えて、ジュニオール・サントス、前田大然、オナイウ阿道を投入する。しかしそれでも、なかなか相手の堅守を崩し切ることができず、試合終了間際に小池龍太の得点で1点を返したものの、6試合ぶりの黒星。一方、少ないチャンスをモノにした神戸が4連勝を挙げた。

 次節は10月10日に横浜がホームで大分トリニータと、神戸がアウェーで柏レイソルと21節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ