【福西崇史が選ぶJ1前半戦ベスト11】断トツ首位の川崎からは5人!なかでも別格の存在感を誇るのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月29日

川崎勢の他はC大阪、柏、神戸から。

福西氏が選んだJ1前半戦ベストイレブン。赤枠の選手が前半戦のMVP。

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響を受け、7月4日に再開したJ1リーグも怒涛の過密日程で早くも前半戦を終了。川崎が強さを見せるなか、これまでにリーグを盛り上げた選手たちはどのような顔ぶれだったのか。ここでは、元日本代表の福西崇史氏に前半戦の“最強の11人”を選んでもらった。

――◆――◆――
【動画】川崎の鮮やかな連係プレー!家長のワンタッチパスから小林がヘディング弾

 断トツで首位を走る川崎からは最多の5人を選出。山根は予想以上の活躍ぶりで、攻守で持ち味を発揮。谷口は頭脳的なプレーで最終ラインをまとめ、大島はより中心的な役割を担い、チームに良いリズムを生み出している。

 三笘は相手との勝負を楽しんでいる感じがあり、ドリブルで魅せつつ結果も出している。家長は上手くて強いのはもちろん、状況に応じて的確にプレーを選択し、決定的な仕事もこなす。その存在感はまさに別格と言ってもいい。

 指揮官にも鬼木監督を選出。過密スケジュールのなか、豊富な戦力を巧みに起用しながら、若手が活躍し、ベテランが奮起するような采配も素晴らしい。

 C大阪勢のキム・ジンヒョンはセーブもつなぎも安定感があり、M・ヨニッチはスピードに難があるけど、高さと強さで堅守を構築。丸橋は質の高いクロスなど左サイドの攻撃を支え、ゴールシーンにもよく絡んでいる。

 柏の江坂は自分が得点するだけでなく周りを活かすこともできて、オルンガはボールを持てば何かをしてくれそうな期待感が常にある。神戸の山口は、今季は本当に調子が良さそうで、相手の嫌がるプレーが実に効果的だと思う。

『サッカーダイジェスト』10月8日号(9月24日発売)では、巻頭企画で「J1前半戦MVP&ベストイレブン」を特集。

画像を見る


■後半戦の注目選手は?
上田綺世(鹿島/FW)
ヘッドの強さや裏への鋭い抜け出しに加え、ゴールへの強い意欲が可能性を感じさせる。

■プロフィール
福西崇史(元磐田、東京Vなど)
ふくにし・たかし/76年9月1日生まれ、愛媛県出身。W杯には02年、06年と2大会連続で出場した元ボランチ。

※『サッカーダイジェスト』10月8日号(9月24日発売)では、巻頭企画で「J1前半戦MVP&ベストイレブン」を特集。解説者・タレント・識者・新聞記者、総勢40名が前半戦のベストプレーヤーを選出しています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ