イニエスタ、高速ワンツーから珠玉の決勝ゴラッソ! 新生・三浦ヴィッセルが名古屋を破り3連勝!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月30日

郷家とのワンツーから狙い澄まして右足を振り抜く!

今季2点目となるゴールを決めたイニエスタ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは9月30日、アジア・チャンピオンズリーグに参戦するチームの前倒し日程となる試合を開催。ノエビアスタジアム神戸では、29節となるヴィッセル神戸対名古屋グランパスが行なわれ、神戸が1対0で勝利を収めた。

 試合は序盤から神戸がボールを支配する。13分には、敵陣中央からアンドレス・イニエスタが前線のドウグラスへピンポイントパス。ドウグラスのボレーは惜しくもクロスバーを直撃するが、”魔術師”イニエスタが躍動感溢れるプレーで、その後も輝きを放つ。

 35分には左サイドから持ち上がったイニエスタが対峙する吉田豊を翻弄。タイミングの良い球離れから、自身は中央に切れ込むと、ドウグラスの落としに左足を一閃。シュートは惜しくも味方に当たってしまうが、背番号8が存在感を示す。

 そして0-0で迎えた後半、神戸は60分にテンポのいいパス回しからビッグプレーを披露。古橋亨梧からドウグラス、イニエスタとつなぎ、名古屋の守備陣を押し込むと、ペナルティエリア手前で郷家友太とのスピーディなワンツーからイニエスタが右足を鋭く振り抜く。狙い澄ましたシュートは、GKランゲラックのダイビングも及ばずゴール左隅に、豪快に突き刺さった。神戸が先制する。

 その後は名古屋が反撃に移るも、神戸は粘り強い守備でゴールを許さず、1対0のままタイムアップ。イニエスタの今季2ゴール目が決勝点となり、神戸が名古屋を下した。三浦淳寛新監督の就任後、連勝となった神戸は、これで今季初の3連勝を達成。勝点を29に伸ばしている。一方の名古屋は勝点33のままとなっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】イニエスタが高速ワンツーから右足で豪快にネットを揺らす!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ