【J1ベストイレブン】MVPは2戦連続2発と止まらない神戸のスピードスター! C大阪の司令塔が今季最多選出!|19節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月28日

3ゴールに絡んだ元スペイン代表も!

【19節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは、9月26・27日に各地で、第19節の9試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

 2試合連続で2ゴールと、神戸のスピードスターの勢いが止まらない。

 三浦淳寛新監督による初采配となった札幌戦で古橋亨梧は、19分に酒井高徳のクロスを冷静に流し込み先制点を挙げる。さらに、2点をリードした62分にもカウンターからネットを揺らし、この日2ゴール。今季通算10ゴールで2年連続で二桁得点に乗せ、チームの2連勝に大きく貢献した古橋を今節のMVPとした。

 さらに神戸からは、古橋の2点目をお膳立てするなど、3ゴールに絡む活躍を見せたアンドレス・イニエスタも選出している。
 
 広島に攻め込まれる展開も最後まで逃げ切り、3連勝を達成したG大阪からも、東口順昭と倉田秋の2名をセレクト。前者は好セーブを連発して最後の砦として十分の働き。後者は1ゴール・1アシストを記録して勝利の立役者となった。

 また、4連勝を飾った横浜からは、同点弾とオウンゴール誘発でチームに勝点3をもたらしたエリキ。7連勝中の鹿島を撃破した大分からは、強靭なディフェンスで堅守を支えた鈴木義宜。連敗を2でストップしたC大阪からは、値千金の決勝ゴールを挙げた清武弘嗣が今季全選手最多となる6回目のベストイレブンに輝いた。

 そのほか、2得点を挙げた横浜FCの松尾佑介。チームを勝利の流れに乗せる先制弾を決めた名古屋の阿部浩之。相手の強力なFW陣にも屈しなかった鳥栖の原輝綺。ピンチを未然に防いで最終ラインを統率した川崎のジェジエウをチョイスした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ