「あんなパスってあるんですねぇ」解説・福田正博氏も感嘆の声… イニエスタの圧巻スーパーロングパスに大反響!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月23日

イニエスタの驚愕50m超のロングフィードが得点を演出

フェルナンド・トーレス(左)の引退試合でイニエスタが躍動を見せた。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 フェルナンド・トーレスの現役ラストマッチとなった試合でも、“魔術師”は燦然と輝いた。

 8月23日に行なわれた24節・サガン鳥栖対ヴィッセル神戸の一戦で、アンドレス・イニエスタがまたも驚愕のパフォーマンスで、駅前不動産スタジアムを埋め尽くした今季最多2万3055人の観衆を魅了した。


 圧巻のプレーが飛び出したのは22分、自陣ミドルエリアで田中順也とのパス交換。浮き球のボールを受けたイニエスタはトラップせずにダイレクトで右足を鋭く振り抜く。すると、50メートルは優に超えるロングフィードが逆サイドを走る古橋亨梧の元へ。このパスを起点に、田中の3点目のゴールが生まれた。

 このパスには、DAZNで解説していた福田正博氏も「ちょっとあんなパス見たことないですよ。あんなパスってあるんですねぇ」と感嘆の声を挙げていた。
 
 そしてスタジアムの観衆はもちろん、SNS上でも絶賛の声は止まない。
「イニエスタのスーパーバスすげー!」
「イニエスタ変態すぎじゃ」
「あかん笑えてきたうますぎて」
「cl出れるチームですか」
「イニエスタやばすぎるでしょ」
「惚れるわ」
「イニエスタ、古橋、順也、全員スゲー」
「神だな」

 SNS上では、このようなコメントが上がり、イニエスタの”無双”ぶりが讃えられたが、前半終了間際に思わぬアクシデント。左足の腿裏に痛みによって、イニエスタはプレー続行が不可能に。そのまま、前半終了を待たずに途中交代となってしまった。

 ゲームは前半の勢いのままに、後半も3点を追加した神戸が6対1で完勝。観衆を魅了するプレーを連発していたイニエスタだっただけに、なんとも惜しい負傷交代となったが、今後の早期回復が待たれるところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【F・トーレス PHOTO】スペインの貴公子ラストゲーム

【鳥栖 1-6 神戸 PHOTO】神戸が攻守に渡って鳥栖を圧倒。ゴールラッシュの完勝を飾る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ