「ひとりが噛みつき、もうひとりは殴る」“最恐2トップ”が誕生!? 2G1AのスアレスにA・マドリーのエースも期待!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月28日

いきなり2ゴール・1アシストの大暴れ

新天地でいきなり結果を残したスアレス(右)に、今後2トップを組む可能性のあるD・コスタ(19番)が期待を寄せた。 (C) Getty Images

画像を見る

 去就騒動に揺れた男が、加入3日目の新天地で大仕事をやってのけた。

 現地時間9月27日に行なわれたラ・リーガ第3節のグラナダ戦で、アトレティコ・マドリーは6-1で大勝した。この試合で文字通りの大暴れを見せたのが、ウルグアイ代表FWのルイス・スアレスだ。

 今夏にバルセロナを構想外になり、25日にA・マドリーに加入したスアレスは、3-0とリードした71分にジエゴ・コスタと交代で前線に入ると、その直後の72分にワンタッチのスルーパスでマルコス・ジョレンテのゴールをアシストしてみせる。

 いきなりゴールを演出した背番号9は、86分に右サイドからジョレンテが送り込んだクロスに技ありのヘッドで合わせ、初ゴールをゲット。さらに6分後にビトーロとのワンツーからシュートを放ち、ポストに当たったこぼれ球を、左足で落ち着いて流し込んで2点目をもぎ取った。

 約20分のプレー時間で2ゴール・1アシストと“挨拶”には十分すぎるほどの結果を残したスアレスには、味方FWも賛辞を口にしている。試合後、スペインの有料テレビ局『Movistar+』のフラッシュインタビューに応じたD・コスタは、「とても良いね」と白い歯を見せた。
 
「スアレスがパートナーとして最高か? とても良い。ひとりは噛みつき、もうひとりは殴るんだ。バルサを退団したルイスのような選手が幸運にも来てくれたんだ。どうして、あのチームが、彼をあんな風に退団させたのかは分からないが、俺たちにとってはとてもいいことだ」

 かつてスアレスが、2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFのジョルジョ・キエッリーニに噛みついた“事件”を引き合いに出しつつ、その凄みを語ったD・コスタは、こうも続けている。

「スアレスは多くのゴールをもたらすだろうし、ロッカールームにも多くをもたらすはずさ。彼には戦士の魂があって、勝利やタイトル奪取への渇望があるからね」

 文字通り鮮烈なデビューを飾ったスアレスは、A・マドリーのエースのハートも鷲掴みにしたようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ