「やばい、泣けてきた」バルサ退団のスアレス、涙の去り際シーンが大反響!「最高の9番だったのに…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月24日

「彼がいなくなるのがどれほど悲しいか」

6シーズンに渡ってプレーしたバルサを追われ、アトレティコに移籍することになったスアレス。(C) Getty Images

画像を見る

 バルセロナを戦力外になったルイス・スアレスはアトレティコ・マドリーに移籍することになった。まもなく、正式発表される見込みだ。

 最後はロナルド・クーマン新監督に冷たく扱われたとはいえ、良い思い出もたくさんあるだろう。2014夏にリバプールから移籍して以降、在籍6シーズンで公式戦283試合に出場して、198ゴールを奪取。4度のラ・リーガ制覇、加入1年目のチャンピオンズ・リーグ優勝など数々のタイトルをその手に収めた。

 話題となっているのが、23日の午前中に最後のトレーニングを終え、バルサのチームメイトに別れを告げた後の、スアレスの振る舞いだ。自ら運転しながら車で練習場を去る際に、涙をこぼしていたのだ。

【動画】運転をしながら思わず涙…バルサの練習場を立ち去るスアレスはこちら
 
 この動画はスペイン紙『AS』など様々なメディアで取り上げられ、反響を呼んでいる。SNS上では次のようなコメントが飛び交った。

「君のことは忘れない」
「寂しくなるよ」
「最高の9番だったのに…」
「彼がいなくなるのがどれほど悲しいか」
「対戦時にバルサを罰することだろう」
「やばい、泣けてきた」
「ずっとバルサを愛してほしい」
「簡単にサヨナラを言えるわけがない」
「バルトメウは代わりに誰を獲ってくれるんだ」

 感情豊かな33歳は、人一倍負けず嫌いなことでも知られている。自身を追いやったクーマンとジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を後悔させるため、アトレティコでの活躍を誓っているはずだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ