【神戸】大量4得点で快勝!2ゴールの古橋亨梧が新体制初陣に手ごたえ「みんなが繋がったから勝利できた」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月26日

「みなさんを魅了できる素晴らしいサッカーをしたい」

2ゴールを挙げ、チームの4発完勝に大きく貢献した古橋。写真:田中研治

画像を見る

[J1リーグ19節]神戸4-0札幌/9月26日(土)/ノエビアスタジアム神戸

 神戸が三浦淳寛新監督の初陣を4発快勝で飾り、チームに勢いをもたらす今季初の連勝を飾った。

 ここまでホームで2勝となかなか勝てていない神戸は、立ち上がりこそ札幌に押し込まれたものの、徐々に勢いを取り戻す。19分に、酒井高徳の丁寧なマイナスのクロスに反応した古橋亨梧が、冷静にゴール左に流し込み先制。さらに前半終了間際の45分にも、郷家友太がネットを揺らし追加点を挙げる。

 後半も序盤こそ札幌にペースを握られたが、コンパクトに守備ブロックを敷いて無失点に抑えると、62分には前線にひとり残っていた古橋がイニエスタからボールを受けて独走。最後はしっかりと右足でネットを揺らし3点目を奪取。試合終了間際にも小田裕太郎がダメ押しゴールを決めて、4-0の完勝を収めた。

 2試合連続となる2ゴールを挙げてチームの勝利に貢献した古橋は、試合後のフラッシュインタビューで、喜びを露わにした。
 
「前の試合で良い形で勝つことができて、良い流れができたと思うので、その流れに乗って今日は勝つことができました。90分を通してチーム全員が繋がっていた。ゼロで抑えられたところも、得点を取れたとこともそう。みんなが繋がったから勝利できたと思います。みんなのおかげでこうやって勝てているので、感謝したいです」

 二桁得点となる10ゴールにのせた自身の2得点については、「左サイドで高徳くんが良い形で抜け出してくれたので、良いところにパスをくれて、あとは合わせるだけでした。2点目に関しては、すごく良い形で抜け出せて、余裕があったんですけど、落ち着いて決めることができて良かったです」と振り返った。

 新体制初陣で大量4得点の完勝。古橋は今後に向けて、「みなさんを魅了できる素晴らしいサッカーをしたい」と意気込みを語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】古橋がカウンターから独走! イニエスタのミドルパスからチームの3点目を挙げる!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ