【神戸】イニエスタが監督交代について言及「簡単なことではない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年09月25日

「チームとしての変化が伴うものなので」

キャプテンを務めるイニエスタ。監督交代に揺れるチームをまとめられるか。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月22日にトルステン・フィンク監督が退任したヴィッセル神戸では、同24日に三浦淳寛氏が新たにチームを指揮することになった。

 フィンク監督とともにセバスチャン・ハーンヘッドコーチ、モラス雅輝アシスタントコーチ、ニコラ・ヴィドヴィッチフィジカルコーチも契約解除となり、三浦新体制では、元神戸の監督でもある林健太郎氏がヘッドコーチに。また三浦氏の異動で空いたスポーツダイレクターのポストには、アカデミー部部長だった平野孝氏が就いた。

 21日にトルステン・フィンク自らがドイツにいる家族の下に戻りたいという理由で辞意を表明。神戸はシーズン途中で監督を交代するのは、これで4年連続である。

 今回もチーム内に少なからず動揺が広がっている。25日に取材に応じたアンドレス・イニエスタは、「監督交代は簡単なことではない」という。

「チームとしての変化が伴うものなので、その難しさはある。チームとしてもなかなか結果が出ていない中で、クラブにとって最善のことを考えての交代だったと思います」
 
 リーグ戦ではなかなか勝てずに中位にとどまり(20試合消化時点で11位)、ルヴァンカップでは準々決勝で敗退と、ここまで期待通りの成績が残せているとは言えない。それでもひとつでも上の順位を狙うために、また今後控えているACLを戦うためにも、チームはまた、ひとつにまとまる必要がある。

 そんな状況での予想外の出来事だが、イニエスタは三浦新監督について「ポジティブ」な印象を受けている。

「監督経験は初めてになるが、日本に来て何度も話し合いをするなかで、(彼の)サッカーのビジョンはよく理解している。ボールを支配して、ゲームをコントロールして、チャンスを築いていく。それはこのチームが目指すべき方向。始まったばかりの体制だが、今まで持っておいたポジティブなものに、アイデアを加えていき、成長できる」と、新たな体制でも意欲を示した。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【神戸】強化責任者からの異例人事…三浦淳寛氏が監督オファーを決断した理由
神戸、怒涛の4日間から読み解く今後の展望。フィンク監督の電撃退任から三浦新体制誕生まで
【J1ベストイレブン】全4ゴールに絡んだ神戸の“魔術師”をMVPに! エリキ&沖を2週連続でセレクト!|18節
ヴィッセル神戸、三浦淳寛氏の監督就任が正式決定!立花社長が経緯を説明「理由は…」
【セルジオ越後が選ぶJ1前半戦ベスト11】谷口彰悟は代表クラスの出来!ただ誰よりも凄いのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022 Jリーグ総決算!
    11月26日発売
    2022 J.LEAGUE
    総集編
    J全58クラブの
    1年間の激闘を収録!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 森保ジャパン、躍動!
    12月8日発売
    日本代表・激闘録
    切り開いた“新時代”
    恒例のJ移籍特集に
    欧州組カレンダーも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.37
    12月6日発売
    冬の決定版!
    高校サッカー
    選手権名鑑
    出場全48校&選手を徹底網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ