【水沼貴史が選ぶJ1前半戦ベスト11】右SBの松田はもっと評価されても良い選手。〝上手い〞から〝怖い〞印象になったのは…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年09月26日

鬼木監督は5人の交代枠の使い方が抜群に上手い

水沼氏が選んだJ1前半戦のベストイレブン。赤枠の選手が前半戦のMVP。

画像を見る

 新型コロナウイルスの影響を受け、7月4日に再開したJ1リーグも怒涛の過密日程で早くも前半戦を終了。川崎が強さを見せるなか、これまでにリーグを盛り上げた選手たちはどのような顔ぶれだったのか。ここでは、水沼貴史氏に前半戦の“最強の11人”を選んでもらった。

――◆――◆―

 まずGKはランゲラック。セーブ率やセーブ数などは一番ではないけど、川崎に完封した点を評価した。4バックは、前の選手がプレーしやすいような動き出しができる登里、強固に撥ね返すM・ヨニッチ、対人で抜群の強さを発揮する渡辺、スピードに優れる松田の4人をセレクト。とりわけ松田は、もっと評価されても良い選手だと思う。

 中盤の藤田は確かな戦術眼を備え、ビルドアップでも正確に捌いてC大阪の〝堅守遅攻〞を支えている。守備時の献身さも見逃せない。運動量が豊富な稲垣は今の名古屋のサッカーには欠かせない存在で、大島はシュート意識がより高まって〝上手い〞から〝怖い〞選手になった印象だ。

【動画】〝上手い〞から〝怖い〞選手に。大島僚太のプレー集

 前線に配置した清武は攻撃時で〝違い〞を示し、家長はそのプレーでチームを落ち着かせられて、ここぞという場面の勝負強さもある。後ろの山根視来を活かすポジショニングも秀逸だ。MVPに選んだオルンガのインパクトは特大で、あのサイズでスピードもあり、長い脚がしなって放たれるシュートはパワーも弾道が違う。

 鬼木監督は5人の交代枠の使い方が抜群に上手く、豊富な戦力を巧みにマネジメントしていると思う。
 

『サッカーダイジェスト』10月8日号(9月24日発売)では、巻頭企画で「J1前半戦MVP&ベストイレブン」を特集。

画像を見る

■後半戦の注目選手は?
三笘 薫(川崎/MF)
何をするか予測できず、観ていて面白い選手。今後どこまで得点数を伸ばせるか楽しみ。

■プロフィール
水沼貴史(元横浜監督)
みずぬま・たかし/60年5月28日生まれ、埼玉県出身。横浜や日本代表で活躍した元MF。緻密な解説に定評がある。

※『サッカーダイジェスト』10月8日号(9月24日発売)では、巻頭企画で「J1前半戦MVP&ベストイレブン」を特集。解説者・タレント・識者・新聞記者、総勢40名が前半戦のベストプレーヤーを選出しています。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ