大敗したハンブルクのDFが、スタンドに乱入して古巣のファンに暴行!いったい何が?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月15日

「このようなことは二度と起こらないようにする」

ウニオン・ベルリン時代は内田篤人ともプレーしたライストナー。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ2部のハンブルクの選手がサポーターに掴みかかる事件が発生した。

 騒動が起きたのは、現地時間14日に行なわれたDFBポカール1回戦、ディナモ・ドレスデン(3部)との一戦。立ち上がり3分に先制を許したハンブルクは、16分、53分にも立て続けに失点を喫する苦しい展開。89分にようやく1点を返すも、95分にはダメ押し点を奪われ、1-4で敗れている。

 そして問題のシーンは試合後に起こった。かつてドレスデンでもプレーし、今夏ハンブルクに新加入した、トニー・ライストナーが相手サポーターに激昂。彼はスタンドに乗り込み、襟元を掴むと床に押し倒してしまったのだ。

 この一部始終を収めた映像は広く拡散され、騒動に発展。英紙『The Sun』は「ハンブルクのディフェンダーが相手のファンと戦うために、スタンドに乗り込む衝撃的な瞬間を見よ」と見出しを付けて報じている。

 ライストナーはその後、自身のインスタグラムで、今回の行動に対して次のようにコメントしている。
 
「試合後にホームのドレスデンのサポーターからたくさんの侮辱を受けた。普通の内容なら対応できる。しかし、私の家族、妻、娘に対しても行なわれ、その瞬間、我慢は限界に達した。特に、私にとっては非常に感情的なゲームだったので。

 でも、こんなことは絶対にあってはならない。自分の行動を謝罪し、どんな侮辱を受けても、二度と起こらないようにすると約束する」

 今回の騒動の要因は家族が侮辱されたことだと明かした30歳のセンターバック。怒りはもっともだが、やり過ぎてしまった感は否めない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】相手サポーターに激昂しスタンド乱入!その一部始終はこちら
【関連記事】
「お前はチビだ」「下手くそめ」ネイマールに人種差別疑惑のマルセイユDF、4年半前のメッシとの口論に再脚光!
「耐えがたいコメディー」仏版クラシコの “惨劇”を地元メディアが痛烈批判!称賛された数少ない戦士とは…【現地発】
ヘンク伊東純也とベールスホット鈴木武蔵の日本人対決! 5点奪取で試合をを制したチームは…
「本人はスペインを望んでいるが…」香川真司が退団の意志を固める? サラゴサは国外クラブへの移籍を希望と現地報道
「世界よ、これを見よ」岡崎慎司を起点に“メッシの天敵”が決めた鮮やかな連係弾を現地メディアが絶賛!「途方もないゴールだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ