武藤&原川の華麗なコントロールショットが『週間トップ10ゴール』にランクイン! 北九州DFの長距離FKも!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年09月15日

1位は「ここしかない」コースの鮮やかな同点弾

週間トップ10ゴールの1位に選ばれた武藤(写真左)と3位に選ばれた原川(写真右)。ともに見事なコントロールシュートでネットを揺らした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグが9月8日から13日にかけて行なわれた全カテゴリーの試合の中から、『週間トップ10ゴール』を選定。選りすぐったスーパーゴールの数々を公式YouTubeチャンネルで紹介している。

 1位に選ばれたのは、浦和レッズの武藤雄樹がサガン鳥栖戦で81分に決めた鮮やかな同点ゴール。左サイドでのテンポの良いパス交換から、バイタルエリアに抜け出した武藤がペナルティエリア左手前から右足を振り抜いた。内側に巻いた鋭いシュートは、本人も「ここしかないだろうなという感覚があった」と語るように抜群のコースに飛び、右のポストをたたいてゴールに吸い込まれた。
 
 2位には、J2で首位を走るギラヴァンツ北九州から、福森健太の直接FKがランクイン。アルビレックス新潟との一戦で開始11分にセンターサークルとペナルティアークのちょうど中間付近で獲得したFKを、狙いすました右足のシュートでゴール左に突き刺した。福森にとっては、これが記念すべきJリーグ初ゴールとなっている。
 
 また鳥栖から、柏レイソル撃破の立役者となった原川力の決勝ゴールが3位に。同点で迎えた後半開始直後の48分に、内田裕斗からの横パスをペナルティエリア左で受けた原川が、「なんとなく空いてるかなという感じで蹴った」という見事なコントロールショットをゴール右に沈めている。
 
 そのほか、セレッソ大阪の清武弘嗣が王者横浜F・マリノスを相手に決めた華麗なループシュートや、名古屋グランパスの吉田豊が横浜FC戦で挙げた、ゴール右上の隅に突き刺したロングシュートなどもトップ10入りを果たしている。
 
 シーズンも折り返しに差し掛かり、徐々に1点の重みも増していくなか、先週も多くのスーパーゴールが誕生した。今週の9月16日から20日には、J1が13試合、J2が12試合、J3は9試合が行なわれる予定。果たして次はどんなゴラッソが生まれるのか注目したい。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】武藤&原川のコントロールショットは圧巻! Jリーグ「週間トップ10ゴール」!
【関連記事】
【J1ベストイレブン】清武&三笘を今季5度目の選出! MVPに輝いたのは大量5得点の川崎からではなく…|16節
昨季J1リーガーも社員に!? ‟リアル“南葛SCが推進する一石三鳥メソッドの運営強化とは――
「苦しんだ」今季初戦の久保建英&岡崎慎司にスペイン紙は厳しい採点。リーガ1部史上初の日本人対決実現も…
念願のスペイン1部デビューを岡崎慎司がSNSで報告!「恋しいレジェンド」古巣レスターのファンからもメッセージ
「この夏は80kgだった」“太り過ぎ”でR・マドリーのスタッフを怒らせたアザール、必死に減量中! しかし合流は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ