【長崎】「一度、肩の荷を下ろすとき…」手倉森監督が示す首位奪還への道筋。自信の裏には仙台時代の苦い経験があった

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2020年09月14日

9月の4試合は0勝3分1敗。それでも指揮官が冷静なワケ

手倉森監督は仙台時代の経験を胸に、チームの立て直しを図る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ19節]長崎0-0磐田/9月13日(日)/トランスコスモススタジアム長崎

「ボールを動かしながら、コンパクトさを意識してゲームを進められた。連戦最後にこれだけのゲームができたので、今後は怖がらずにやっていける」

 19節のジュビロ磐田戦を0-0で終えた手倉森誠監督の言葉は、あくまでも冷静だった。これで9月に入ってからの4試合は0勝3分1敗。得点は2試合連続なしで、前節には2か月以上守ってきた首位から陥落している。

「性格的にずっと1位でいたかった」という手倉森監督だ。悔しさは当然ある。それでも、その表情に焦りの色は見られない。当然だろう。そこには、監督の中にある過去の苦い経験と、首位奪還への道筋があるのだ。

 J2では破格とも言える豊富な戦力と、大胆な選手起用でスタートダッシュに成功した長崎は、第5節で首位に立つと第9節まで無敗を堅持。第10節で徳島ヴォルティスに今季初黒星を喫し、第12節でモンテディオ山形に敗れても首位の座が揺らぐことはなく、リーグの絶対強者として君臨。手倉森監督も、追われる立場と追う立場を理解し、勝負の厳しさに徹する『首位で居続ける覚悟』を選手たちに説くなど、万全の首位堅めを進めていた。
 
 その一方で、手倉森監督の中には「どこかで肩の力を抜いてやらなければ」という思いが消えなかったという。それは、2012年にJ1でベガルタ仙台を率いていたときの記憶に起因する。

 当時、第17節まで首位をキープしていた仙台だったが、第18節でサンフレッチェ広島に首位の座を奪われたとき、選手を首位へあおり過ぎて、残り3分の1でチームがバテてしまい、広島を追撃することができなかった。9月に入り、アルビレックス新潟とツエーゲン金沢に引き分け、さらにヴァンフォーレ甲府に敗れて首位から陥落した時の経験が重なったという。

「選手には首位で居続ける覚悟が大事だと話をしてきたんですが、連戦の中ではそれが圧力になったのかもしれない。10月にアウェー4連戦があるんですが、あのままだったら4連敗もあり得た。首位陥落はネガティブな要素だろうけど、仙台の経験を考えるとありだと思っています。一度、肩の荷を下ろすときなんだと考えて、今度は追う立場としてやっていく」
 
【関連記事】
【J2】北九州が上位対決を制し2位との勝点差を「3」に! 長崎&甲府はともに手痛いスコアレスドロー
「やべっちF.C.に取り上げてもらうことが夢でした」放送終了に選手からも嘆きのメッセージ!「デジっちは…」
三浦知良、中田英寿、小野伸二…JFA発表のファンが選ぶ「日本代表」ベストイレブン!布陣に当てはめてみると…
自己破産から15年…サッカーシューズの名門はいかにして甦ったのか? 喜びの声から生まれたビジョンとは――
「苦しんだ」今季初戦の久保建英&岡崎慎司にスペイン紙は厳しい採点。リーガ1部史上初の日本人対決実現も…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ