今の清武弘嗣は手に負えない。セレッソの司令塔はようやく息を吹き返した

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2020年09月14日

ロティーナ監督も称賛を惜しまない

58分に鮮やかなミドルシュートを突き刺す。敵サポーターを黙らせる圧巻のゴールだった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ16節]横浜1-2C大阪/9月13日(日)/日産スタジアム

 ペネルティエリアの手前5メートルあたりで右サイドハーフの坂元達裕からパスを待つと、ダイレクトで右足を振り抜いた。

 左へのカーブ回転がかかったボールは、GKをあざ笑うかのように、その頭上を越えていく。もはやGKに成す術はなかった。

 このシュートを見ていた全員が、その軌道の美しさに息をのんだに違いない。日産スタジアムは一瞬静寂に包まれる。そして鮮やかな放物線を描いたボールがゴール左に収まると同時に、清武弘嗣は吠えた。

「GKが出ているのは前半から見ていて分かっていました。あのシーンもタツ(坂元)が持って、パスが来るなと思った瞬間にGKを見たら出ていたので、狙い通りです」

 逆転勝利の立役者である清武は、そう同点ゴールを振り返った。
 

 背番号10の鮮烈な同点ゴールで勢いに乗ったセレッソ大阪は、終盤に坂元からパスを受けた途中出場の高木俊幸が加点。昨季チャンピオンの横浜F・マリノスから見事な逆転勝利をもぎ取って見せた。

 逆転勝利の立役者となった清武の見事なゴールに、ロティーナ監督も称賛を惜しまない。

「(逆転できた要因は)やるべきことができたことプラス選手のクオリティだと思います。同点ゴールは、清武の素晴らしいクオリティから生まれました。チームとしてやるべきことをやって、個人のクオリティが重なると、ああいう素晴らしいゴールが生まれます」

 さらにこのスペイン人指揮官は、この殊勲者への絶大な信頼を口にする。

「我々のキャプテンで、チームのリーダーです。プレー面では、チームを落ち着かせるだけではなく、ゴールも決める。さらに、守備でもハードワークしている。チーム全体の模範でもありますし、我々としても彼のプレーには満足しています。彼が継続してプレーすることは、チームにとって良い成長を与えると思います」

 ロティーナ監督が言うように、清武が横浜戦で見せた活躍は、ゴールだけにとどまらなかった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ