【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「行動で集団を導くリーダー ここからが本田の出番だ」

カテゴリ:ワールド

マルコ・パソット

2015年03月04日

本田は誇りを持って最後まで戦い抜くタイプ。

後半からピッチに立った25節のキエーボ戦、本田は可能性を感じさせた。 (C) Getty Images

画像を見る

 いよいよ根性で頑張らなければならない局面にまで来てしまった。強い意志とプロフェッショナリズム。これが今シーズンのミランに残された最後の武器だ。もうそれしかないだろう。
 
 はっきりしているのは、もはやフィリッポ・インザーギ監督の手には負えないということだ。選手一人ひとりが奮起し、復活のきっかけを作るしかない。ただし時間はもうあまりない。
 
 スコアレスドローに終わったキエーボ戦(25節)の内容は惨憺たるものだった。逆境に立ち向かう反発力のなさを、ミランはまたしても露呈したのだ。
 
 チームが困難な状況に陥った際、選手は大きく2つのタイプに分かれる。
 
 ひとつは、やる気を失い、まあどうにかシーズン終了まで無難にやり過ごそうとするタイプ。彼らはインザーギにも見切りをつけている。
 
 もう一方は、それでもチームを愛し、チームメイトと、サポーターと、そして自分自身のためにも、誇りとスポーツマンシップを持って最後まで諦めずに頑張るタイプだ。本田圭佑は間違いなくこちらにカテゴライズされる。
 
 本田は多くを語らない。それでも口を開けば、高いプロ精神と強い気持ちが感じられる。だからこそ、今のミランの歩みを変えうる貴重な存在なのだ。シーズン終了まであと13試合。チームを完全に復活させるのは難しいだろうが、ある程度の修正を図ることができれば、ヨーロッパ行きの最終電車にはまだどうにか間に合うはずだ。
 
 キエーボ戦でもインザーギは本田をベンチに座らせたまま試合を始めた。2-0で勝った前節チェゼーナ戦の戦い方を持続したかったからだろう。しかし結果は散々だった。見るべきプレーはなく、敵のゴールを脅かすシュートもなし。チームとしての方向性が見えなければ、誰も走らない、動かない。とにかく、なにもなかった。
 
 そのなかで、微かに希望の火を灯したのは、後半から入った本田だった。ダッシュやダイレクトパスを駆使してプレーのスピードを上げようと試み、得意の左足で強烈なミドルシュートを放った。キエーボの守備をかいくぐって攻めようとし、ファウルを誘おうともした。すべてが前半のミランには見られなかったものだ。
 
 渾身のミドルは残念ながらクロスバーに嫌われ、勝負を決する違いを作り出すことはできなかったが、本田はチームに欠けていた「やる気」をピッチにもたらした。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ