【鹿島】名古屋の堅守をいかに崩すか。古巣相手に気合い十分の和泉竜司が描く攻略ポイント

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2020年09月04日

「限界が来るまで仕掛け続ける」

ここまでリーグ戦全試合に出場の和泉。もはや欠かせない存在だ。写真:滝川敏之

画像を見る

 リーグ最少失点(8失点)の名古屋を相手に、いかにゴールを奪うか。9月5日の古巣との一戦に向けて、和泉竜司はしっかりと相手を分析できているようだ。

「まずは一人ひとりが本当に、最後まで諦めずに頑張れる選手がたくさんいる。キーパーのミッチもそうですけど、ゴール前での部分、名古屋はCBがSBのカバーとか出たりしないで、常に中の2枚は真ん中に居続ける。最後はそこで撥ね返したり、身体を張って守る部分が特長だと思います。

 最後のクロスの精度もそうだし、SBの背後を取った時とかに、質の高いボールと質の高い動きを出さないと、なかなか得点にはつながらないと思う。そういう最後の部分の堅さは非常にあります。あとはボランチの稲垣祥君やヨネ君は運動量があって、危険なところに顔を出して、全体のカバーをしているイメージがあります」

 そうした堅守を切り崩すためにも、和泉にかかる期待は大きい。状況に応じて、パスで打開するのか、独力で突破するのか、その使い分けは実に効果的で、これまでも多くのチャンスを演出している。今季初の3連勝がかかる試合でも、攻撃をリードするパフォーマンスを見せてくれるはずだ。
 
「高い位置で受けたら、どんどん仕掛けて、ファウルをもらうのもそうだし、かわしてクロスだったり、シュートだったり、ワンツーで入っていくとか、いろんな選択肢を持てると思います。

 今年は交代が5人できるわけだし、そこは本当に、自分に限らず前の選手はセーブしないで、どんどん仕掛けたり、背後へのランニングなど、体力がなくなるというか、限界が来るまで仕掛け続ける、それが相手にとって嫌なはず。チームの流れや状況にもよりますけど、ガンガン行きたい」

 主戦場は左サイドハーフだが、試合の途中から右SBに入ることもあるなど、その汎用性の高さでも重用されている。リーグ戦ではここまでの14試合で唯一、すべてのゲームに出場。もはや欠かせない存在となった26歳のアタッカーが、上昇気流に乗るチームをさらに勢いづかせる。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第13節PHOTO】柏 2-3 鹿島|最終盤の鮮やかな逆転劇。鹿島が土居の連続ゴールで逆転勝利を飾る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ