「残ってほしい」宿敵マドリーの面々は“メッシ騒動”をどう見ているのか?「シティの可能性が高い」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年09月03日

「クラシコをより魅力的なものとする」

S・ラモス(左)とクロース(右)がバルサの“お家騒動”に言及した。(C) Getty Images

画像を見る

 退団通告から約1週間。リオネル・メッシの代理人でもある父親のホルヘ氏は9月2日、バルセロナ入りしてジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と協議した。

 ホルヘ氏はメッシ残留が「難しい」との見解を示している。また、各国メディアは、この日の話し合いで両者の立場は変わらず、合意に達することはなかったと報じた。

 宿敵のお家騒動を、レアル・マドリー陣営はどう見ているのだろうか。米スポーツチャンネル『ESPN』によると、キャプテンのセルヒオ・ラモスは「彼は将来を決める権利を勝ち取ったと思う」と話している。

「それを彼が最善のかたちでやっているかどうかは分からない。だけどもちろん、バルセロナ、僕たち、スペインサッカーのために、いつもベストの選手にいてほしいと思っている。僕たちは、彼にここに残ってほしい」

 S・ラモスは「レオはラ・リーガを、彼のチームを向上させてくれる。クラシコをより魅力的なものとする。僕たちはベストの相手と戦って勝ちたい。そして彼は世界最高のひとりだ」と続けている。

「つけ加えるべきことは多くない。彼は憶測などいっさいなしで、彼自身で将来を決めるだけの敬意を勝ち取ってきた。どうなるか、様子を見よう」
 
 一方、同僚のMFトニ・クロースはポッドキャストで「ニュースに驚いた」と話している。

「メッシは歴代最高の選手のひとりだ。それほどの選手が最大のライバルでプレーすることをやめれば、怒ったりはしないだろうね」

 バルセロナと合意に達した場合、メッシは恩師ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティに移籍するのが有力と言われている。

 クロースは「内部情報は何も持っていない」としたうえで、「ペップとシティの可能性が高いだろうね」と、やはりシティが新天地の最右翼になるとの見解を示した。

 新シーズンのクラシコで、マドリーがメッシと対戦することはなくなるのか。交渉の行方から目が離せない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「ソシエダの拷問となった」2点に絡んだ久保建英を現地紙が称賛!「とてつもないプレスで先制点を…」
「出ていこうとした」ベイルが中国移籍の真相を赤裸々告白! マドリーへの本音を吐露「僕はサッカーがしたい…」
「カオスだ…」オランダの逸材デヨングがバルサの現状に嘆き! 揺れる“メッシ問題”については――
“清算王”バルトメウの罠にはまったメッシ「怒りに任せて判断を誤った」【現地発】
「代償に対するリベンジだった…」元リバプールDF、サラーを泣かせたS・ラモスへの“敵討ち”を告白!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよJ開幕目前!
    2月9日発売
    2023シーズン
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想や見所など総点検!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ