「バルサのサッカーは陰気」元Jリーガーが古巣を酷評!「ホームなら白いハンカチを…」

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年08月21日

「みんなブーイングしていたはずだ」

バイエルンに大敗を喫したバルサにリネカーが言及した。(C) Getty Images

画像を見る

 バイエルンに大敗し、再びの監督交代、そしてリオネル・メッシの去就騒動……バルセロナは、揺れに揺れている。

 それは、バルサがサッカー界有数のメガクラブだからでもある。そしてそれだけに、重圧は計り知れない。かつてプレーしたガリー・リネカーの言葉からも、プレッシャーの大きさがうかがい知れる。

 リネカーは英『talkSPORT』で「バルセロナは巨大なクラブだ。すべての選手に大きなプレッシャーがかかる。バルサはほかと違うんだ」と語った。

「バルサに加入した初日、カンプ・ノウで最初の練習と言われた。お披露目の日で、ファンが見に来るからとね。行ってみると、6万5000人ほどがいたんだ。ただの練習だったのに、少し違ったよ」

 当然、そんなクラブがチャンピオンズ・リーグ準々決勝という大舞台で惨敗すれば、周囲からの批判は容赦ない。元イングランド代表のレジェンドは「バルセロナにとってラッキーだったのは、自分たちのファンの前での試合じゃなかったことさ」と続けている。

「正直、開始10~20分でパニョラーダ(白いハンカチを振る抗議活動)があっただろう。みんなブーイングしていたはずだ。あれは耳をつんざくようなんだよ。特に自分が標的なら、なおさらだ」
 
 名古屋グランパスでもプレーした名手は「チームのプレーの仕方に、彼らは非常に不満だったんだ」と、今シーズンのバルサはサポーターが失望する内容だったとも話した。

「わたしはバルセロナの試合をほとんど見たが、シーズンを通じて彼らは本当に苦しんでいた。彼らのサッカーは、陰気だったんだ」

 キケ・セティエンを解任したフロントは、OBのロナルド・クーマンを新たな監督に招いた。現役時代に黄金期を経験した新指揮官の下で、バルサは復権を遂げられるだろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ