「プレーできるレベルにない」10代で“失格の烙印”を押されたバイエルンの俊英ニャブリは、いかに再起したのか?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月21日

リヨンの堅牢を個人技でこじ開ける

バイエルンで輝きを放つニャブリ。そのキャリアは決して順風満帆というわけではなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月19日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)準決勝のリヨン対バイエルンの一戦で勝負を決めたのは、ドイツ王者の俊英セルジュ・ニャブリが魅せた個人技だった。

 戦前の予想通りに自陣に下がって守備を固めるリヨンに対して、序盤から攻めあぐねていたバイエルン。しかし、眼前に立ちはだかる堅牢を力強くこじ開けたのが、ニャブリだ。

 18分、右サイドでボールを受け取ると、カットインからバイタルエリア付近までドリブル。5人に囲まれながらも、そのまま左足一閃。鋭い弾道のシュートをゴール左上隅に突き刺したのである。

 ボールを叩き潰さんばかりの強烈な一撃を見舞った22番は、33分にも仕事を果たす。敵陣で相手のボールを奪って、左サイドでフリーとなっていたイバン・ペリシッチに冷静にパス。最後はレバンドフスキのシュートをGKがブロックしたこぼれ球を冷静に押し込んだ。

 崩しの急先鋒として。いまやバイエルンで不可欠な存在となっているニャブリ。だが、キャリアの創生期に、「失格」の烙印を押されたことは、意外に知られていない。
 
 15歳でアーセナルの下部組織にスカウトされたニャブリは、2012年にクラブ史上2番目の若さとなる17歳でプレミアリーグデビューを果たす。だが、当時の指揮官アーセン・ヴェンゲルに「時々サッカーで楽な道を探そうとする」と指摘され、競争の激しいアーセナルで居場所を見つけるのは難しかった。

 2015年の夏にWBAに期限付きで移籍するも、トニー・ピュリス監督に「プレーできるレベルにない」と断じられ、インパクトを残せないまま、レンタルバック。その後にバイエルンへと移籍した。

 だが、母国への帰還が転機となる。バイエルン移籍直後にレンタルで渡ったブレーメンで出場機会を得ると一気に才能が開花。その後に再び期限付きで移籍したホッフェンハイムでは、智将ユリアン・ナーゲルスマン(現RBライプツィヒ監督)の薫陶を受け、着実に成長していった。

 リヨン戦でのパフォーマンスが表わすように、今やバイエルンの崩しの切り札となったニャブリ。イングランドでの失敗は、自分を見つめ直す意味で必要な経験だったのかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ