【長崎】覚醒した“小さなファンタジスタ”!大竹洋平に訪れた変化とは?

カテゴリ:Jリーグ

藤原裕久

2020年08月20日

単なる上手いだけの選手のひとりだったが…

今季はここまで3ゴール。得点への意識が高まっている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ13節]長崎2-0千葉/8月19日(水)/トラスタ

 ブロックを組む千葉を前に、こう着状態に陥っていた13節の前半29分、中盤でボールを奪った大竹洋平には、相手GK新井章太が前へ出てきているのが見えたという。ためらいなく振り抜いた左足から放たれたボールは、クロスバーに当たりそのままゴールへと吸い込まれた。

 これで大竹が挙げた今季の得点は3。まだ出場8試合の時点で、自身キャリアハイの4得点まであと1と迫った。かつて「上手さはあるが怖さはない」と評された技巧派は、着実に怖いアタッカーへ変貌しようとしている。

 大竹の課題は得点力だった。その才能や実力に疑いようはない。名古屋の丸山祐市、岡山の椋原健太らと同期だったFC東京のアカデミー組織に所属した時も、「常に自分が一番だというつもりでいた」し、年代別代表でもその才能は高く評価されてきた。テクニック、とりわけ左足のキックにおいて大竹の存在は常に別格だった。

 だが、小さなファンタジスタと呼ばれた選手は、思うように結果が出せず、さらに2度の大きな負傷もあって、いつしか、単なる上手いだけの選手のひとりになってしまっていた。年間の得点数は片手にも足りず、主戦場もJ2の日々が続く。そんな状況のなか、長崎へ加入した昨季には、キャリア最多39試合出場、キャリア最多タイの4得点を記録するが、「物足りない」としか感じなかったという。

「ゴール前での仕事が自分の良さ。それをしないとチームが上がっていけない。やっていかなければならない」

 そう決意したことで、得点への意識が大きく変わった。常にシュートを意識するようにもなり、今季2試合目の出場となった6節の岡山戦で同点ゴールを決めたのを皮切りに、今季初黒星を喫した徳島戦でもチーム唯一の得点を挙げ、他の試合でも得点に絡むプレーを披露。そんな大竹の変化に手倉森誠監督も目を細める。
 
「守備の意識が良くなっているし、攻撃でも得意な足もとで受けるプレー以外に、フリーランで相手をはがす動きや、プレーの判断で気が利くようになって、シュートへの意識が高まっている」

 リーグ開幕から7月まで無敗を維持していた長崎だが、暑さと日程のタイトさが増した8月は苦戦が続いている。それでも長崎が大きく崩れることはないだろう。なぜならこのチームには、得点への意識を高め、“単なる上手い選手”から、“怖い選手”へ変わろうとする大竹がいる。「長崎で2年目のシーズン。絶対にJ1に行きたいという気持ちが強い」と語る小さなファンタジスタは、ここからも大きな仕事を成し遂げてくれるはずだ。

取材・文●藤原裕久(サッカーライター)
 
【関連記事】
【J2】首位長崎が千葉に快勝、2位北九州は破竹の7連勝で勝点1差をキープ! 絶好調ディサロが2発の活躍
「前例のない歴史を作った」久保建英の驚異的な加入効果に現地紙注目!「過去10年で4番目に…」
「史上最も間の悪いパネンカ」サラゴサの“悲惨な”PK失敗に批判殺到!「何がしたかったんだ…」
「クボが革命を起こす」久保建英が加入2日でもたらした“凄まじい効果”に現地メディア驚嘆!たった24時間で…
「やっぱり天才だ!」久保建英がミニゲームで披露した“超絶テク”にサポーターもクラブ公式も熱狂!「もうチームの中心?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ