【J1ベストイレブン】MVPはファインセーブ連発の浦和守護神! 川崎の“大卒ルーキーコンビ”も|10節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月17日

横浜FCからは連敗ストップの立役者3名をセレクト

【10節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは8月15日・16日に各地で、開催中止となった鳥栖対G大阪を除く第10節の8試合が行なわれた。ここでは、今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介していく。

【PHOTO】J1第10節“ベストイレブン”に選出された11人を厳選ショットで紹介!

 今季からキャプテンを務める浦和の守護神が、圧倒的なパフォーマンスでチームを勝利に導いた。

 2連勝中と好調の広島をホームに迎えた一戦は、終始押し込まれる苦しい状況が続いた。しかし、17分にレアンドロ・ペレイラのヘディングシュートをはじき出したシーンを皮切りに、GK西川周作がファインセーブを連発。その後も21分、48分、51分と何度もチームを救い、最後まで無失点で抑えた西川を今節のMVPとした。

 圧巻のゴールラッシュで9連勝を飾り、首位を堅持した川崎からは3名をピックアップ。ふたりのホットラインからチームの4点目を生み出すなど、見事な連係を見せた“大卒ルーキーコンビ”の三笘薫と旗手怜央。途中出場でしっかりと結果を出したエース小林悠をチョイスした。
 
 大量4ゴールで勝利し連敗を5でストップさせた横浜FCからも3名をセレクト。2得点の松尾佑介と3ゴールに絡む活躍を見せた松浦拓弥。攻守両面で絶大な存在感を放った一美和成を選んだ。

 そのほか、劣勢を強いられた展開のなかで、2得点を演出したC大阪の清武弘嗣。最終ラインの3枚には、身体を張ったブロックなどまさに鉄壁だったFC東京の渡辺剛、秀逸なカバーリングが光った大分の鈴木義宜、高精度のロングフィードで攻撃の起点にもなっていた清水の立田悠悟を選出した。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ