鹿島が鳥栖を一蹴! 和泉の移籍後初得点とエヴェラウドの3戦連発弾で連勝を飾る

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年08月08日

後半途中の“3枚替え”の後、鹿島攻撃陣が躍動

和泉(11番)は1得点・1アシストの活躍で勝利の立役者に。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1第9節]鹿島2-0鳥栖/8月8日/カシマ
 
 ともに12位タイで並ぶ鹿島と鳥栖の一戦は、2-0で鹿島が勝利を収めた。
 
 ホーム鹿島の布陣は4-4-1-1。GKは沖、4バックは右から小泉、犬飼、町田、永戸。ダブルボランチは永木とL・シルバ、2列目の右は土居、左はエヴェラウド、セカンドトップに白崎、CFに伊藤。
 
 アウェー鳥栖の布陣は4-4-2。GKは高丘、4バックは右から森下、原、エドゥアルド、中野、ダブルボランチは松岡と高橋秀、2列目の右は樋口、左は小屋松、2トップはチョ・ドンゴンと原川。
 
 試合序盤はともに攻守の両局面で強度の高いプレーを披露。コンパクトな陣形を保ちながら、一進一退の攻防を繰り広げる。
 
 最初にビッグチャンスを掴んだのは鹿島。15分、永木のFKにエヴェラウドがヘッドで合わせる。決まったかに思われた一発だったが、ゴールラインぎりぎりでエドゥアルドにかきだされて得点はならなかった。
 
 このワンプレーで調子が出てきた鹿島は、持ち前のビルドアップもスムーズになり、テンポ良くボールを動かして敵陣への侵入を目指す。
 
 やや劣勢を強いられる鳥栖だが、要所はしっかりと締めて失点を許さない。アディショナルタイムにはFKとCKで惜しいシーンを作り出すも、これは決め切れず。前半は0-0のままで折り返す。
 
 迎えた後半、最初に惜しいシーンを演出したのは鳥栖。51分にチョ・ドンゴン、直後に樋口がそれぞれ際どいシュートを放つが、いずれもこれはGK沖の好守に阻まれる。
 
 流れを引き寄せたい鹿島は、59分に一気に“3枚替え”。2列目の両サイドと2トップに手を加えて、攻撃の活性化を試みる。
 
 その後も両チームともアグレッシブに戦うが、相手ゴール前で決め手を欠いてゴールを奪えない展開が続く。だが69分、ついに均衡が破れる。CKの流れから、最後は途中出場の和泉が巧みな胸トラップから左足を一閃。鋭いシュートを突き刺して鹿島が先制する。
 
 さらに80分、鹿島は見事なコンビネーションで追加点をゲット。荒木→染野→和泉とつなぎ、お膳立てされた決定機をエヴェラウドがしっかりと流し込んで2-0に。
 
 2点のリードを得た鹿島は、守備も集中を切らさずにクリーンシートを達成。前節の大分戦に続く勝点3で、嬉しい連勝を飾ってみせた。
 
構成●サッカーダイジェスト編集部

【J1第9節PHOTO】鹿島2-0鳥栖|和泉の移籍後初得点&エヴェラウドの3戦連発弾がさく裂!鹿島が鳥栖を撃破し連勝を飾る

【PHOTO】興梠慎三・宇佐美貴史ら50名が厳選した「Jリーグ歴代最強チーム」を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ