【鹿島】「自信につながった」ハットトリック。エヴェラウドが低迷するチームの救世主に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年08月01日

「FWは“得点を決めてこそ”というポジション」

これでチーム最多の5ゴール。頼れる得点源として、エヴェラウド(9番)にかかる期待は大きい。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1第8節]大分1-4鹿島/8月1日/昭和電ド

 エヴェラウドが圧巻の決定力を見せつけた。

 15分、相手のミスから奪ったボールを持ち運び、GKとの1対1を冷静に制して1点目。40分にはPKをきっちりと沈めて2点目、そして55分には土居聖真のお膳立てからハットトリックを達成した。

 殊勲のブラジリアンは、「立ち上がりの失点で、どうしても後を追う立場になったが、自分たちのサッカーが通じる、点は必ず決められると分かっていたので、チーム全体で落ち着くことができて、勝利につなげられたと思う」と完勝を振り返る。

 自らのハイパフォーマンスについては、「FWというのは“得点を決めてこそ”というポジション。上手く周りの選手たちもサポートしてくれてゴールできた」と感謝の意を示す。

 前節までの数試合は左サイドで先発し、5節・横浜戦(〇4-2)、7節・FC東京戦(△2-2)でそれぞれ得点していたが、今節の大分戦では、シーズン当初のCFに入り、3つのゴールをマーク。「どちらのポジションでも、やりにくさはない」という言葉通りの活躍ぶりで、「左サイドで2得点、今日は3点を決められたので、個人的には自信につながった」と喜んだ。

 自身が得点した試合は、これで2勝1分。必ず勝点をチームにもたらしている。ザーゴ監督の下、今季の鹿島は新スタイルに取り組むなか、下位に低迷するなど苦しい戦いを強いられているが、チームの救世主として、エヴェラウドにかかる期待はますます大きくなってきた。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】チームの歴史が一目でわかる!鹿島アントラーズの「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ