「このまま契約を解消させてくれ」アルトゥールの“造反事件”はなぜ起こったのか【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2020年08月04日

両者の亀裂を決定的にしたのが指揮官の発言だった

ユーベ移籍が決定したアルトゥール。後味の悪い退団となった。(C) Getty Images

画像を見る

 バルセロナは2019-20シーズンの決算を締める前日の6月29日に移籍金7200万ユーロ(約90億円)でアルトゥールのユベントスへの売却を発表した。

 代わりに同じくユーベから6000万ユーロ(約75億円)でミラレム・ピャニッチを獲得。赤字決算を回避するために“補填”の意味合いがあった実質交換トレードといえるこの一連のオペレーションは、当事者である両選手に対し、現在それぞれが所属するクラブでシーズンが終了するまで契約を全うすることを要求した。

 しかしチームがチャンピオンズ・リーグ(CL)に向けて再始動したその日に事件は起こった。5日間のバカンスを過ごした選手たちが新型コロナウィルスの検査のため練習場を訪れるなか、アルトゥールだけが姿を見せなかったのだ。事前にSD(スポーツ・ディレクター)のエリック・アビダルにアルトゥールは電話を通じてこう欠席の理由を告げていた。

「試合に出場できないのなら、僕がいてもいなくても一緒だ。このまま契約を解消したい」
 
 移籍発表後、トータル253分に出場し、ユーベのセリエA制覇に貢献したピャニッチとは対照的なアルトゥールのこの行動は、非難されてしかるべきだろう。

 もっとも当初は、アルトゥールもまだやる気を見せていた。実際、移籍が決まった直後にチームメイトたちの前で最後までチームのために尽くすと宣言してもいる。しかし次第にキケ・セティエン監督の態度によそよそしさを感じるようになり、それがフロントの意を汲んだものと考えるようになってからは、もう自分は起用されることはないと決めつけてしまったのだった。

 両者の亀裂を決定的にしたのが、指揮官が記者会見において、「鳴り物入りで入団しても、期待に応えられないまま退団を余儀なくされるというケースは何も珍しいことではない。アルトゥールが最初でも最後でもないだろう。理由はどうであれだ。これから果たして彼が実際にそうなるかは分からないが、他のクラブでも他の選手にも十分に起こりうることだ」と前置きした後、言い放ったこの言葉だ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ