「マドリーのクボを見るのは苦痛」バルサ精通記者が久保建英の再獲得失敗に嘆き「手放したのは失望だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月02日

「バルサで居場所を見つけられなかったのは悲しい」

マジョルカで活躍で一気に評価を上げた久保。バルサ関係者はほぞを嚙む想いかもしれない。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 バルセロナに関わる人々は、久保建英の加速度的な成長を複雑な想いで見ていることだろう。

 10歳から約4年に渡り、マシア(バルサの下部組織の総称)で研鑽を積んだ原石は、しかしバルサが18歳以下の国際移籍の禁止というFIFAルールに抵触してペナルティを受けたため、日本に帰国。18歳になった時点で呼び戻そうと画策したが、あろうことか宿敵レアル・マドリーに奪われてしまった。

 その後のマジョルカでの活躍は、もはや説明不要だろう。19歳にして推定市場価格が日本人歴代最高値の3000万ユーロ(約37億円5000万円)に跳ね上がるなど、いまや欧州中の注目を浴びる存在となった。

 ウェブメディア『BeSoccer』は8月1日、久保を手放したバルサの対応を嘆くクリスティアン・マルティン記者のコメントを紹介している。
 
 マシアについての著書もあるジャーナリストは、日本の至宝について「クボのクオリティーはバルサが求めていたものだ。彼はいつも良い印象を与えた。テクニカルで、非常に直線的なプレーをして、ボールを持つと危険な選手だ」と称えたうえで、こう続けている。

「バルサの失敗ではないかもしれないが、もちろん失望だ。久保のような選手がバルサで居場所を見つけられなかったのは悲しい。マドリーでプレーする彼を見ることは、バルサに苦痛を与えるものだ」

 先日、バルサのカンテラ(下部組織)のマネージャーであるシャビエル・ビラホアナ氏は、久保の復帰が叶わなかった理由として、「(久保サイドからの)要求が高すぎた」と明かしたが、この1年の飛躍ぶりを見れば、逃がした魚は大きかったというほかないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】敵DFが久保に激怒!強豪アトレティコ戦で披露した衝撃のドリブル

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ