【柏】得点試合で無敗を継続中!オルンガが語る足裏シュート「これはチームワークだと思っている」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年08月01日

1-0で4連勝を達成した柏

得点を決めた試合では無敗のオルンガ。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第8節]名古屋0-1柏/8月1日/豊田スタジアム

「非常に拮抗した試合のなか、両者組織的に、戦術的にオーガナイズされたチームでした。最後まで決定機というのがなかなか作れない、タイトなゲームになりました」
 柏のネルシーニョ監督がそう振り返るように、激しいコンタクトプレーも見られ、ホームの名古屋に押し込まれる時間帯も長い試合だった。

 そんな苦しい状況を打破し、チームを勝利に導いたのが、江坂任とオルンガのホットラインだった。

 江坂がセンターラインを越えたばかりの敵陣右サイドから、浮き球のロングボールを送ると、これに反応したオルンガがゴール前に走り込む。飛び出してきたGKランゲラックよりも一歩早くバウンドしたボールを左足の裏でさわり、無人のゴールへ流し込み、これが決勝点に。1-0で勝利を収めた柏が4連勝を達成した。オルンガはここ4試合で7ゴールだ。

 試合後のフラッシュインタビューに応えたオルンガは、「グッドボールフロム江坂」と語り、「ボールが落ちてくる前に、GKが飛び出してきたのが見えたので、足の裏でタッチしてゴールに流し込めて良かった。ゴールは良かったが、残念ながらGKランゲラックと接触してしまった。彼の怪我の状況が気になる」とシュート後に接触してしまった相手GKを気遣う。
 
 今季はオルンガがゴールを決めた試合で、チームは無敗。そのことについて聞かれると、「最終的にこれはチームワークだと思っている。点は私が取りましたし、ハードワークはしましたが、ディフェンス陣がかなり頑張って、相手のプレッシャーに耐えてくれた。チーム全体のいろんな犠牲があったうえで、この勝利があったと思います」とチーム状況の良さを語った。

 江坂は「前半は相手も背後を消しに来ていたので、後半に入って、後ろ向きではなく前向きのプレーを試みていました。そこでミカ(オルンガ)と上手く反応できました。今日の試合では良い形の攻撃もなかなかできなかったですけど、ボールを握る時間をもっと増やして、次は良い攻撃が出来ればと思います」と今後に向けての意気込みも語った。

 今後柏は、中3日でルヴァンカップのホーム・湘南ベルマーレ戦、さらに中2日で次節アウェーの横浜F・マリノス戦に臨む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ