「このクラブが動けば価値が上がる」セビージャの優れたスカウティング&交渉力【小宮良之の日本サッカー兵法書】

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2020年07月29日

モンチを中心にしたスカウト集団は欧州屈指

目利きに優れたセビージャは久保の獲得にも動いているという。(C) Getty Images

画像を見る

 どうすれば、サッカークラブは強くなるのか?

 クラブとして、やるべき優先順位は明らかだろう。

 クラブ補強の条件は、まずは強化が「目利き」であり、交渉に優れているという点にある。単純に、良い素材を選び抜いて戦力にできれば、必然的に優位に立てる。一方、そこで躓くと、スタートの時点で後れを取ることになるのだ。

 ラ・リーガでは、セビージャが優れたスカウティングと交渉力で有名である。

「セビージャが触手を伸ばしたら、その時点で選手の価値が高騰する」

 そう言われるほどに、セビージャの選手分析は定評があるのだ。

 2019-20シーズンも、いずれも1年目のDFジュル・クンデ、ジエゴ・カルロス、MFジョアン・ジョルダン、フェルナンドが、各ポジションでリーグベストイレブンに近い働きを見せている。それぞれ好選手だったが、ネームバリューは高いとは言えず、一気に花開いた印象である。

 アルゼンチン代表のルーカス・オカンポスは相応の肩書をひっさげてやって来たが、1シーズンでその価値は跳ね上がっている。また、2年目のチェコ代表GKトマシュ・ヴァツリークは、今やリーガ最高GKたちと肩を並べるほどだ。

 慧眼の持ち主として有名なモンチ(2000年にセビージャのスポーツディレクターに就任し、2017年4月から2019年3月まではイタリア、ASローマのスポーツディレクターだったが、再び戻ってきた)を中心にしたスカウト集団は、欧州屈指。クラブの栄光を担ってきた。選手に合わせ、力を引き出してくれる監督も吟味しているのだ。

 Jリーグでも、鹿島アントラーズ、川崎フロンターレは素晴らしいスカウティングと交渉力を持っている。それ故に、たとえ一時的にチームの成績が沈み込んでも、どこかで帳尻を合わせ、常にタイトルを争うことができているのだろう。人材の分厚さで、周りに差をつけている。

「そのチームの戦いに合うか」

 それはスカウティングの基本の一つだが、好選手は環境にも適応できる。適応し、成長できない選手は、結局は停滞する。つまり、強化は適応力を見極められるか。その数字には出ない能力を、感覚的にはじき出せる必要があるのだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ