「冗談ではない」久保建英の市場価値急騰で“ベイル超え”に現地注目!「将来が最も嘱望されている若手だ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月25日

「価値が低下したベイルを打ち負かした」

19歳にして推定市場価格でベイル(右)を上回った久保。(C) Getty Images

画像を見る

 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が7月23日、久保建英の「推定市場価格」を更新。これまでの1350万ユーロ(約16億8750万円)から、3000万ユーロ(約37億5000万円)に急上昇し、歴代日本人選手のトップに立った。

 この「推定市場価格」は、世界中のフットボーラーを対象に能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的にジャッジして弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“価値”を示す指標として定評がある。

 レアル・マドリーから武者修行に出たマジョルカで堂々のデビューシーズンを送った19歳の評価が高まっている事実を示す、ひとつの指標と言えるだろう。

 マドリーの専門メディア『Defensa Central』は、この日本代表MFの「推定市場価格」の急騰に注目。「冗談ではない。クボはすでにベイルよりも市場価値が高い」と見出しを打ち、マドリーでほぼ構想外となり、同じく23日の更新で2800万ユーロ(約35億円)に下落したガレス・ベイルより、推定市場価格が高くなったことを伝えている。

「クボは今シーズン、市場価値を高め、(価値が)低下したベイルを打ち負かした。クボはラ・リーガ、そしてマドリーで将来が最も嘱望されている若手のひとりだ。この日本人選手が、ラ・リーガの最初のシーズンで披露した素晴らしいパフォーマンスは見逃されていない」
 

 そして、両者のこの一年での推定市場価格の変化を比較している。

「クボがマドリーと契約したとき、その価値は200万ユーロ(約2億5000万円)だったが、シーズン終了後に3000万ユーロに上昇した。一方のウェールズ代表戦士は、シーズン開始時に6000万ユーロ(約75億円)の価値があったが、重要なゲームでのクオリティーの欠如によって、2800万ユーロにまで下がった」

 まさに好対照のふたりだが、久保はEU圏外選手枠の問題があるため、マドリーでのプレーは難しく、来季もレンタルが濃厚。一方のベイルは、このまま出番が与えられなくても、マドリードを去るつもりはないという。

 下り坂のベイルよりも成長を続ける久保が見たい、というファンも少なくないだろうが……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】15歳ロメロとのパス練習シーンは必見!マジョルカ公式が公開した久保建英のラストマッチ密着ムービー

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ