「邪魔するんじゃねえ、ボケ!」冨安所属のボローニャ指揮官が敵将と試合中に大口論! 激昂した理由は?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年07月22日

ガスペリーニの振る舞いに激怒し…

試合前は笑顔でハグをかわしていたミハイロビッチ(左)とガスペリーニ(右)だったが…。 (C)Getty Images

画像を見る

 冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、激しい気質の持ち主なのは周知のとおりだ。

 現地時間7月21日のセリエA第34節、ボローニャが、敵地でアタランタに0-1と敗れた一戦で、ミハイロビッチは敵将ジャン・ピエロ・ガスペリーニと試合中に激しく口論した。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、スコアに動きがなかった前半、ミハイロビッチは「あいつらに何を話しているんだ!ふざけんな!」とガスペリーニに激怒。「邪魔するんじゃねえ、ボケ!」など、スラングを交えて罵倒した。

 主審はプレーが止まった際に両者にイエローカードを提示。その後、ミハイロビッチは「あいつを放り出せ」と口にし、主審はガスペリーニに2枚目のカードを出して退席を命じる。すると、ガスペリーニは「なんでオレだ?何してるんだ!」と審判に対して激昂した。

 衛星放送『Sky Sport』によると、ガスペリーニは試合後に「その件については話したくない」と多くを語ることを拒んだ。

「アタランタはつねに正しいチームだとだけ言っておく。出て行かなければならなかったのは、私じゃなかった。だが、それ以上は言わない」

 これに対し、ミハイロビッチは「私が彼のベンチに向かって話すことはできないし、彼は私のベンチに向かって話してはいけない」と、敵将が自軍ベンチの人間を批判したことに立腹したことを示唆し、ガスペリーニへの非難を続けた。

「敬意を欠いたら、私は怒る。ウチのベンチがやることに関わるべきは私だ。ずっと指を差しやがって。もしあの指を私に向けていたら、今ごろ指があるかも分からんぞ。言うべきことがあれば、ベンチでなく私に言うべきだ。彼は話したがらなかった? 当然だ。間違えたと分かっているのさ」

 両者の衝突はアドレナリンとともに和らいでいくのか、それとも…。今後が注目される。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ