パリSGがエムバペのトレード要員に久保建英とヴィニシウスを要求か?「クボは莫大な収入をもたらす」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月22日

パリSGは来夏の移籍を容認か

エムバペ(右)の移籍オペレーションに久保が含められる可能性はあるのか。(C)Mutsu FOTOGRAFIA, Getty Images

画像を見る

 今年5月に、パリ・サンジェルマンが久保建英の獲得に興味を持っていると報じた、レアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』が7月21日、続報を伝えている。パリSGが来夏にキリアン・エムバペをマドリーヘ売却し、その見返りとして、久保の譲渡を要求する可能性があるという。

 マドリーがエムバペの獲得を狙っているのは、もはや周知の事実だ。本人も同胞のジネディーヌ・ジダン監督の下でのプレーに前向きとされ、後はクラブ間の移籍金交渉になるが、コロナ禍で財政がダメージを受けたことにより、今夏の引き抜きは断念。パリSGとの契約が残り1年となる来夏にチャレンジするというのが大方の見方だ。

 記事によれば、パリSG側も、契約切れでフリーとなってしまう前に売却しなければならないため、エムバペがこのまま契約更新にサインしない場合は、来夏に移籍させる準備を始めているようだ。

 そして、“本命”であるマドリーに売却する場合、高額な移籍金の一部として2人の選手の譲渡を要求する準備があるという。
 

 ひとりは、昨シーズンも獲得を画策したブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール。ただ、マドリーは現時点でこの20歳の俊英をオペレーションに含めるつもりはないという。

 そして2人目として名前が挙がったのが久保だ。記事は、19歳のサムライ戦士について、次のように綴っている。

「オペレーションに含めるように要求される2人目は、タケフサ・クボだ。レアル・マドリーの日本人選手は、今シーズンにマジョルカで光り輝いた。彼の価値には、日本市場のそれを加える必要がある。彼は日本の象徴であり、チームに莫大な収入をもたらすだろう」

 このオペレーションの実現性は定かではないが、いずれにしても来夏の話であり、来シーズンの久保の活躍いかんで、状況はまったく変わってくるだろう。ただ、こうしたビッグディールに名前が挙がるほど、久保の評価が高まっているという事実だけは間違いなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「不可能な角度から…」久保建英の超絶トリックシュートはこちら

【動画】圧巻ドリブルから生まれた久保建英の今季4点目&お辞儀ポーズ

【動画】「速すぎる」とファン驚愕!久保建英が披露した、超高速ダブルタッチからの鮮やかループ弾はこちら!

【動画】保有元のマドリーも高評価!マジョルカ久保建英の驚愕テクニックはこちら

【PHOTO】日本の至宝・久保建英の輝き続ける活躍を厳選ギャラリーでお届け!2017~2020

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ