• トップ
  • ニュース一覧
  • 「傑作のゴールだ」冨安健洋の衝撃ミドル弾を伊メディア称賛!一方で守備面は「あまりにも苦しんだ」

「傑作のゴールだ」冨安健洋の衝撃ミドル弾を伊メディア称賛!一方で守備面は「あまりにも苦しんだ」

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年07月19日

「完全にレビッチに圧倒された」

ミラン戦でボローニャでの初ゴールを決めた冨安。(C) Getty Images

画像を見る

 待望のセリエA初得点を挙げた試合は、ほろ苦い結果に終わった。

 7月18日のセリエA第34節、ボローニャは敵地でミランに1-5と大敗した。唯一の得点は、冨安健洋のミドルシュートだ。

 2点を追っていたボローニャは、前半終了間際に日本代表DFが1点を返す。高い位置まで攻め込み、ペナルティーエリアの外でパスを受けると、ミランの主将アレッシオ・ロマニョーリをかわし、左足を振り抜く。強烈なシュートに、守護神ジャンルイジ・ドンナルンマも反応できなかった。

 だが、ボローニャは49分に3点目を許すと、57分にも冨安がマークしていたアンテ・レビッチに反転からのシュートを決められて4点目を献上。敗戦濃厚となり、シニシャ・ミハイロビッチ監督は59分に冨安をベンチへ下げた。チームはその後5点目も決められて大敗している。
 
 イタリア・メディアは冨安の見事なゴールに賛辞を寄せている。『スポーツ・メディアセット』は6.5点と高い採点。『Sky Sport』や『Calciomercato.com』も及第点の6点をつけた。翌日の『Gazzetta dello Sport』『Corriere dello Sport』紙も、やはり6点をつけている。

 ただ、右サイドからミランに攻め込まれ、大量失点したとあり、厳しいコメントも見られた。『Gazzetta dello Sport』紙は「及第点なのはユーロゴールのためだけ」と、ゴラッソ以外は“落第”に値すると指摘した。『Calciomercato.com』も「リーグ初得点の素晴らしさによる採点」と評している。

「非常に興味深い若者であることをサン・シーロでも裏付けた。ただ、レビッチやテオ・エルナンデスなど絶好調のふたりに対し、あまりにも苦しむ場面もあった」

『TUTTOmercatoWEB.com』も、冨安のゴールを「傑作」「ボローニャが試合に戻ったと思われた」と表現したうえで、「それ以外は完全にレビッチに圧倒された」と批判。採点も5.5点と及第点を下回った。

 日本人選手として9人目となるセリエAでのゴールは、手放しに喜べるものとはならなかった。だが、得点そのものが見事なゴールだったことは確かだ。イタリアで多くの経験を積み重ねている冨安の今後に期待したい。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部


【動画】名手ドンナルンマの牙城を破る!冨安の圧巻左足ミドル弾はこちら
 
【関連記事】
「なんてゴールだ」冨安健洋が強烈左足ミドルで強豪ミランからボローニャ初得点!本田圭佑以来セリエA9人目の日本人スコアラーに
「日本人はとても冷たく、閉鎖的だった」元J戦士ジョーが名古屋時代の苦悩を母国メディアに激白!
「トップクラブが興味」久保建英の新天地候補にマンCが浮上!“後輩”の獲得をペップが希望か
「代理人も契約案を進めているが…」サンプドリア専門メディアは吉田麻也のベジクタシュ合意報道をどう見た?
「さすが僕らのシンジ!」岡崎慎司の古巣レスターがウエスカの1部昇格を祝福! 現地サポも歓喜

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ