• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】仙台2-2札幌|MOMは反撃の狼煙を上げた小柄なテクニシャン!ファインセーブ連発の両GKも高評価

【J1採点&寸評】仙台2-2札幌|MOMは反撃の狼煙を上げた小柄なテクニシャン!ファインセーブ連発の両GKも高評価

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2020年07月19日

仙台――攻守の詰めの甘さを改善したい

【警告】仙台=関口(51分)、石原(65分) 札幌=菅(43分)、チャナティップ(48分)、進藤(88分)、宮澤(90+6分)
【退場】仙台=なし 札幌=荒野(32分)
【MAN OF THE MATCH】チャナティップ(札幌)

画像を見る

[J1リーグ5節]仙台2-2札幌/7月18日(土)/ユアスタ

【チーム採点・寸評】
仙台 5.5

シンプルにジャーメイン、道渕、関口らの推進力を使う策が功を奏し、立ち上がりから試合を優位に進め先制に成功。後半追加点も取れたが、その後守備のミスが目立ち、一人少ない相手に劣勢となり同点に追いつかれるもったいない引き分け。攻守の詰めの甘さを改善したい。

【仙台|採点・寸評】 
GK
24 小畑裕馬 6.5

終盤のコーナーキックの失点の場面では一瞬反応が遅れたが、責めきれない失点。むしろ再三のピンチでファインセーブを見せてチームを救ったことで、勝点1を取れたとも言える。

DF
4 蜂須賀孝治 5.5

前半から鋭いクロスボールで決定機をつくることができたが、あと一歩周囲との呼吸が合わず、得点につなげることができなかった。1失点目もチャナティップを止めきれなかった。

16 吉野恭平 5.5
前半は早めにラインブレイクして相手の攻撃陣からボールを奪うプレーが多く、守備を安定させることができていたが、後半相手の反撃が強まるとプレーが後手に回り、長身選手との競り合いでも劣勢だった。
 
13 平岡康裕 5
前半かららしくないパスミスが散見され、ピンチを招く場面が多かった。後半も相手の交代選手に対してのアプローチに苦しんだ。

14 石原崇兆 5.5(81分OUT)
後半、対面のL・フェルナンデスの対応に苦慮し、クロスを上げられ失点に絡み、ファウルで警告を受けるなど精彩を欠き途中交代。攻撃にももう少し絡みたかった。

MF
18 道渕諒平 6

持ち味のドリブルを生かして、再三の決定機をつくり、攻撃にリズムを与えた。ただ、あれだけの決定機をつくれていたら自身でゴールも決めておきたかった。

5 椎橋慧也 6
後半のインターセプトからのミドルシュートは見事。しかし守備では前半からチャナティップに背後のスペースを使われ、終盤劣勢の時間帯は守備にパワーを出し切れず、課題が残った。

7 関口訓充 6.5(57分OUT)
ドリブルでの推進力を生かして、相手陣内に切れ込み、ジャーメインのゴールをアシスト。守備でも球際で奮闘を見せていた。交代後も味方をベンチから大声で鼓舞し続けた。
 
【関連記事】
【ベガルタ仙台の最新序列】18歳ルーキーGKが正GK奪取も!? 前線はロシア帰りの西村の加入で大激戦
【コンサドーレ札幌の最新序列】前線のトライアングルは競争激化の様相! メンバー入れ替えが最も激しそうなのは?
【財前宣之のJ1順位予想/更新版】安定感のあるチームはFC東京。僕が在籍していた仙台は選手層が気がかり
【三浦泰年のJ1順位予想/更新版】経済力のあるクラブに有利な5人交代枠。トップ3に推すのは…
【播戸竜二のJ1順位予想/更新版】過密日程を乗り切る戦力が揃うガンバを2ランクアップ!噛み合わない鹿島は…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ