【コンサドーレ札幌の最新序列】前線のトライアングルは競争激化の様相! メンバー入れ替えが最も激しそうなのは?

カテゴリ:Jリーグ

斉藤宏則

2020年07月11日

DFは昨年同様にこの顔ぶれで試合をこなしていきそう

札幌の最新序列。②=2種登録、㊕=特別指定 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、札幌の最新チーム内序列を紹介していく。
 
―――◆――◆―――
 
【FW】
 ジェイ、鈴木、チャナティップのトライアングルがファーストチョイス。ただし、鹿島戦でジェイと鈴木が負傷交代しており、試合出場が難しいようであればこの顔ぶれにも自動的に変化が生まれる。

 彼らの退場後、前線で奮闘した金子は才能があり面白い存在で、ミシャサッカーを熟知した駒井も鹿島戦では最後までゴールに向かう姿勢を見せ、2点目をお膳立て。競争はさらに過熱している。ブラジルに一時帰国中のA・ロペスはまだ合流のメドが立っていない様子だが、この選手の復帰も待ち遠しい。
 
【MF】
 左から菅、深井、荒野、白井という並びで再開後の2戦をスタートしたが、ゲーム勘、とりわけ相手ボールへのアプローチやセカンドボールのところで後手に回ってしまっている場面が多く、絶対的な4人と評せる状況ではない。荒野は安定感のあるプレーを見せているものの、その他の選手は簡単に突破される場面があるなど、今後のプレー次第では序列が変わる可能性もある。

 田中、高嶺という大卒ルーキーがすでに堂々たるパフォーマンスを見せていることもあり、連戦のなかでコンディションを重視し、メンバーの入れ替えが最も頻繁にありそうなのがこのMFだ。
 
【DF】
 直近の2試合どころか昨季からほぼ不動に近い状況。ただし、十分なパフォーマンスを見せているかと言われれば疑問符が付く。相手のミスやGKのファインセーブによって助けられている場面も目立っている。どの選手も積極的に攻撃に絡んでいるので、相殺できる部分もあると言えるのだが、層が厚くないという現実もある。

 対人プレーに強みがあるキム・ミンテも控えてはいるが、現在2連勝中であり、いきなり抜擢される状況でもなさそうだ。致命的なミスが生まれたり、連敗をするまでは昨年同様にこの顔ぶれで試合をこなしていきそうである。
 
【GK】
 韓国代表のク・ソンユンが大邱FC(韓国)へと移籍し、中断期間に新たな競争が始まったが、現時点では経験豊富な菅野が順当に定位置を確保している。そして好セーブを見せて連勝の立役者となっているため、ここの序列が動く気配はあまりなさそうだ。再開初戦は低調だったビルドアップも鹿島戦では改善され、退場や負傷などがない限りしばらくは現在の序列でシーズンを戦っていくことになるだろう。

 あえて言えば、カウィンと阿波加のセカンド争いが白熱しそうであり、今後、特別指定の中野が合流すれば、さらに争いは激しくなる。
 
文●斉藤宏則(フリーライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ